東京は銀座に店舗を構える秋田郷土料理店『ハタハタ屋敷』で、夏向けのスタミナメニュー「鹿角ホルモン」が2017年7月よりスタートしています。

秋田県北東部に位置し、古くから「鹿角ホルモン」とよばれるホルモン文化が存在する「鹿角市」。「鹿角ホルモン」は、ニンニクとトウガラシベースのタレに漬け込んだ豚ホルモンに、キャベツをのせてジンギスカン鍋で焼くという鹿角独特のスタイルで楽しむスタイルです。

【夏期限定のディナータイムメニュー 『ハタハタ屋敷』の「鹿角ホルモン」】

『ハタハタ屋敷』では、豚モツに比べ、ほどよい甘みとスッキリとした味わいを持つ、国産の「牛モツ」を使用。ディナータイム限定でお酒と一緒に楽しめるメニューとなっています。具材を食べた後に野菜やホルモンの凝縮したエキスが入ったタレで作る〆のラーメンも絶品です。

他ではなかなか味わえない「鹿角ホルモン」、銀座にお越しの際はぜひディナーの候補に入れてみては?

【7月1日より新メニュー追加!主なランチメニュー】

<名物> だまこ鍋付秋田味覚御膳 1,450円

だまこ鍋付秋田味覚御膳 1,450円

同店の二枚看板「ハタハタ」と「だまこ鍋」を楽しめる名物ランチメニューです。

「だまこ」とは、きりたんぽの元祖と言われている、お米をすりつぶして丸く団子の形にしたものです。絶妙な口当たりと旨みたっぷりのガラスープが染み込んだ秋田郷土の至福の味を楽しめます。

「ハタハタ」は秋田の食卓になじみの深いおふくろの味であり、秋田の郷土料理を語るのには欠かすことのできない伝統食材です。

<新メニュー> お母の恵み御膳 1,280円

◇ お母の恵み御膳 1,280円

ガッコ9種とハタハタ三五八焼(オス)、秋田県産豆乳使用すくい豆富、ご飯、味噌汁に白神屋のごんぼ茶をセットにして提供されています。

<新メニュー> 豚カツ茶漬け御膳 1,280円

◇ 豚カツ茶漬け御膳 1,280円

特製ダレで食べる熱々のカツはそのままでも、お茶漬けでもどちらも絶品です!

<『ハタハタ屋敷』基本情報>

■住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座西2-2 銀座インズ2 B1
■アクセス:地下鉄 銀座駅 徒歩1分、JR有楽町駅 徒歩2分
■TEL:03-3535-5253

「うまい肉」更新情報が受け取れます