バッファロー、無線接続方式「Simpring」対応ワイヤレスフルキーボード「SRKB04BK」、マウスとのセットも

2012.8.10 12:3配信
SRKMB04BK

バッファローは、一つのレシーバーに最大5台の入力機器を接続できる無線接続方式「Simpring」に対応したワイヤレスフルキーボード「SRKB04BK」と、「Simpring」対応マウスとのセットモデル「SRKMB04BK」を、9月上旬に発売する。価格は、「SRKB04BK」が4200円、「SRKMB04BK」が7035円。

108キー搭載のフルキーボードで、安定したキータッチでタイプミスを軽減するパンタグラフ式のアイソレーションキーを採用。キーピッチは19mmで、キーストロークは2.9mm。電源は単3形乾電池×2本で、電池交換せずに最大1年半使用できる。

「SRKMB04BK」に付属するマウスは、BlueLEDセンサを採用し、従来の光学式やレーザー式では使用できない透明なガラステーブルや透明シートの上で操作できる。キーボード同様、最大1年半電池交換なしで使うことができる。分解能は1500dpi。電源は単3形乾電池×2本。

キーボードは、対応OSがWindows 7/Vista(SP1~SP2)/XP(SP2~SP3)で、PlayStation 3にも対応する。サイズは幅437.0×高さ29.0×奥行き126.0mmで、重さは約424g。

「SRKMB04BK」付属マウスは、対応OSがWindows 7(32/64ビット)/Vista(32/64ビット)/XP、Mac OS X 10.4以降で、PlayStation 3にも対応する。サイズは幅73.0×高さ41.0×奥行き110.0mmで、重さは約74g。

レシーバーは、USB2.0/1.1接続。サイズは幅14.5×高さ5.0×奥行き19.4mmで、重さは約1.4g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング