バッファローコクヨ、HyperBlueLED搭載の超高感度マウス「HyperBlueFocus」シリーズ、有線モデルと無線モデル

2011.11.14 18:39配信
BSMBU03Hシリーズ(左)、BSMBW03Hシリーズ

バッファローコクヨサプライは、レーザーを上回る読取り性能をもつBlueLEDセンサをさらに進化させた「HyperBlueLED」センサ採用の超高感度マウス「HyperBlueFocus」シリーズとして、USB接続の有線モデル「BSMBU03Hシリーズ」と、無線モデルの「BSMBW03Hシリーズ」を11月下旬に発売する。

カラーは、「BSMBU03Hシリーズ」「BSMBW03Hシリーズ」ともに、シルバー、ブラック、ホワイト、ブルー、レッド、シャンパンゴールドの6色。価格は、「BSMBU03Hシリーズ」が3045円、「BSMBW03Hシリーズ」が5334円。

BlueLEDは、光を斜めから照射しているためにトラッキング時に光が拡散してしまうが、HyperBlueLEDは光をほぼ垂直に照射。これまで困難だったクリアなガラス面や微細なゴミ・キズを正確にトラッキングすることで、読取り性能が向上し、より正確に操作できる。

両機種とも、6ボタンと横スクロール対応のホイールを搭載。「スタート」「コピー」「切り取り」など、約100種類の操作を割り当てることができる。また、「Wordモード」や「Excelモード」など、あらかじめ用意している7種類のモードを選択するだけで、簡単に機能を割り当てることができる「簡単モード選択」を搭載している。

「BSMBW03Hシリーズ」は、2.4GHzのワイヤレスマウスで、最大10mの操作距離を実現。電源は単4形乾電池×2。

対応機種は、Windows 7(32/64ビット)/Vista(32/64ビット)/XP、Mac OS X 10.4以降。Windowsではドライバソフトをインストールすることで、横スクロールとボタン割り当てに対応する。Macでは横スクロールとボタン割り当ては使用できない。

マウス本体は、サイズが幅76×高さ35×奥行き104mmで、重さは約71g。「BSMBW03Hシリーズ」のレシーバーは、サイズが幅15×高さ5×奥行き19mmで、重さは約2g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング