お金を貯めようと意識しているのに、思うように貯金できない――そう悩む人は少なくないようです。

では、なぜ貯まらない?

貯金=我慢するもの、ケチな人にならないといけない、などと思い込んでいると、お金ではなくストレスが溜まり、貯金はうまくいきません。

今回は、金融機関に勤務し、女性向けメディアでマネーに関するコラムを執筆する大塚ちえさんに、我慢しなくても、ケチな人にならなくてもお金が貯まる7つの方法を教えていただきました。

ストレスを溜めずに、お金だけ貯めましょう。

1. 1週間で使ってもいい上限金額だけ財布に入れる

大塚さん「支出が収入を超えてしまいがちな人におすすめなのは、1ヶ月や1週間単位で『自由に使ってもいいお金の上限』をあらかじめ設定すること。

(収入)−(固定費)=(自分が自由に使えるお金)です。

そもそも固定費を把握できていない場合は、家賃や光熱費、保険料など、毎月決まっている支払いを整理してみてください。

クレジットカードの請求額も、食費も、交際費も◯◯円までと決めてしまい、その中でやりくりするクセを身につけて」

2. 1週間、1ヶ月単位の予定を手帳で整理する

大塚さん「1週間で使えるお金が決まったら、いつ・いくら・何にお金を使うことになりそうか、自らコントロールするために、週のスケジュールを把握しましょう。

たとえば、飲み会で出費がかさみそうな週は、昼食で外食する日を減らし、弁当を持参するなど、調整ができますよね。

また、事前にスケジュールを整理することで、想定外の出費で1週間に使っていい上限金額を超えることもなくなりますし、メリハリのあるお金の使い方ができるようになります」

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます