「iPhone 4S」の販売データを徹底比較! 売れてるキャリア、容量は?

2012.8.24 20:13配信

iPhoneのモデルチェンジのスパンは、「iPhone 4」と現行の「iPhone 4S」の間を除き、おおむね1年。そろそろ昨年10月の発売から1年を迎えるとあって、次期モデルや"iPad mini"的な新製品に対する噂が流れている。今回は、2012年7月末までの「iPhone 4S」の販売動向を振り返りつつ、いますぐ「iPhone 4S」を買ったほうがいい理由と、逆に次期モデルまで待ったほうがいい理由を考えてみた。

●<キャリア別シェア>およそ「6対4」でソフトバンクモバイルが優勢

量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、国内では2社が販売するアップルのスマートフォン「iPhone 4S」のキャリア別シェアは、2012年7月31日までの累計で、ソフトバンクモバイルが60.1%、KDDI(au)が39.9%。これまで何度かお伝えしたように、ソフトバンクモバイルが約20ポイントの差をつけて優勢だ。

週次集計では、auがソフトバンクモバイルを上回ったこともあったが、月次集計では、ずっとソフトバンクモバイル、auの順は変わらず、2011年12月はソフトバンクモバイルが7割近い67.8%を占めた。12年3月以降は、auが40%台前半、ソフトバンクモバイルが50%後半で推移している。

「iPhone 4S」の月間販売台数は、11年10月、12年3月、11年12月、11年11月、12年1月の順に多く、発売直後に大量に売れ、その後も高い水準で売れ続ける「初動+ロングセラー型」となっている。12年7月までの累計販売台数は、11年10月の6.7倍に達し、今年6月下旬には、前機種「iPhone 4」の累計販売台数を抜いた。「iPhone 4S」は、今のところ、国内で最も多く売れたスマートフォンだ。

●<容量別シェア>初心者が多く購入? 16GBモデルが約半数を占める

同じく2012年7月末までの累計での容量別シェアは、16GBが48.7%、32GBが35.7%、「iPhone 4S」から加わった64GBが15.5%で、両キャリアとも16GBが最も多く売れている。一番人気の16GBに限ると、ソフトバンクモバイル62.6%、au37.4%となり、ソフトバンクモバイルのシェアが若干高まる。

発売直後の2011年10月の容量別シェアは、32GBが38.1%、16GBが31.5%、64GBが30.4%で、16GBと64GBが1.1ポイント差で拮抗していたが、翌11月になると、16GBが32GBを抜いてトップに立った。その後、16GBの構成比は徐々に拡大し、12年2月以降は常に5割を超え、直近の7月は61.1%と約6割を占めた。対して、64GBの構成比は月を追うごとに低下し、12年3月以降は10%未満にとどまっている。一方、32GBの構成比は11年10月~12年2月は30%台後半、それ以降は30%前半と、iPhone全体の販売台数が上下しても、ほぼ一定の水準を保っている。

●ヘビーユーザー中心から一般人へ、広がり続けるiPhone購入者

メモリカードスロットのないiPhoneは、内蔵メモリの容量が少ないと、使っているうちに音楽や動画などのデータの保存やアプリのインストールができなくなる可能性があるので、個人的には32GB、予算に余裕があれば64GBをオススメしたい。しかし、最も価格の安い16GBに人気が偏っていることから、「iPhone 4S」の購入者は、初めてiPhoneを手にする「iPhone初心者」も多いのではないかと推測する。また、対照的な16GBと64GBモデルの構成比の動きから、大容量モデルを買い求めるヘビーユーザー中心から一般人へと、購入者層が広がっていることがわかる。

ソフトバンクモバイル版「iPhone 4S」のアドバンテージは、下りの最大通信速度など、機能面の差を除くと、auのモデルパターンより安い通信料金、2年間継続利用時のトータル費用の安さ、そして2008年7月に発売した国内初代モデル「iPhone 3G」から培ってきた豊富なショップスタッフの知識、イメージにあるだろう。

16GBモデルなら、ソフトバンクモバイル、auとも、端末代は実質無料で、月々の基本使用料・通信料だけで利用できる。例えば、16GBモデルを一括払いで購入した場合、割引適用後の月額費用は、ソフトバンクモバイルが3785円から、auが4615円から(詳しくは<いまがiPhone 4Sをおトクに買うチャンス! 現在実施中のキャンペーンまとめ>を参照)。au版より安いソフトバンクモバイルの維持費は、iPhone初心者には魅力的に映るはずだ。1社独占販売ではなくなった「iPhone 4S」でも、ソフトバンクモバイルが「累計で6割」という高いシェアを獲得できた要因は、料金をはじめとするさまざまな強みが、新規購入者を含む、より多くのユーザーに評価されたからだろう。

ちなみに、「iPhone 4S」と「iPhone 4」の2012年7月までの累計販売台数を合算すると、ソフトバンクモバイルのシェアは約8割、79.1%まで上昇する。2世代以上前の「iPhone 3GS」や「iPhone 3G」を含めれば、シェアはさらに高くなる。iPhoneシリーズ全体でみれば、すでに4年以上の実績をもつソフトバンクモバイルのシェアは圧倒的で、新参のauとの差はまだ大きい。

●いますぐ「iPhone 4S」を買うか、それとも待つか?

「iPhone 4S」の発表直後から、次期iPhoneの噂は飛び交っていた。最近は、写真を伴った現実味の高い噂やリーク情報が海外メディアを中心に報じられている。こうした噂を見聞きし、「iPhone 4S」や他のスマートフォンを買うか買うまいか、悩んでいる人もいるだろう。

auは8月31日まで最大2万1000円キャッシュバックする「WE ARE! auでiPhoneキャンペーン」を、ソフトバンクモバイルは9月30日まで「のりかえ割」との併用で合計2万3520円相当、通常よりおトクになる「iPhone かえトクキャンペーン」を実施している。さらに、一部の店舗では、追加で独自のキャッシュバックや値引きを行っている。いずれもMNP利用などの条件付きだが、うまく活用すればトータルコストをかなり抑えることができる。

「iPhone 4S」の最大のメリットは、デザインが同じiPhone 4用のものを含め、対応アクセサリの種類が豊富な点にある。また、今秋リリース予定の新OS「iOS 6」への無償アップデートに対応し、すぐに型落ちになる心配はない。iPhoneの次期モデルは、画面サイズの大型化やDockコネクタの変更、より高速でデータ通信できる高速通信規格「LTE」への対応など、かなり大きく変わると予想されている。デザインやコネクタの形状が変わると、対応アクセサリの一時的な減少や、既存のアクセサリが使えなくなるといった弊害が生じる。ディスプレイの大型化によって、持ちにくくなるかもしれない。iPhoneファンにとって、次期iPhoneは、「期待」と「不安」が半々といったところではないだろうか。

LTEについては、新しいiPad(第3世代iPad)のように、日本では利用できない可能性がある。対応したとしても、速度が速くなった分、月額料金が値上げされては、手放しでは喜べない。NTTドコモ側の最近のコメントから、ドコモがiPhoneを取り扱う可能性は低いとみられ、取り扱いキャリアは現状の2社のままとなりそうだ。iPhoneをめぐるキャリア間のシェア争いは、iPhoneを利用したいドコモユーザーがどちらに流出するのか、言い替えると、ドコモユーザーをどれだけ多く取り込めるかがキーになる。

常に最新機種を使いたいなら、悩むまでもなく、次期iPhoneを待ったほうがいい。どこまでもアップルについていく、という熱心なファンならなおさらだ。しかし、これまで一度もスマートフォンを使ったことがなく、使いこなせるのか心配な人や、できるだけ費用を抑えたい人は、対応アクセサリが豊富で完成度の高い「iPhone 4S」を検討したい。キャンペーン適用で通常よりおトクに買える今は、むしろ絶好の買いどきといえるかもしれない。(BCN・嵯峨野 芙美)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング