ドコモ、2012年秋モデル、「Xi」対応スマートフォン・タブレット5機種

2012.8.28 19:3配信
2012年秋発売の新ラインアップ

NTTドコモは、8月28日、2012年秋発売の新モデルとして、クアッドコアCPU搭載モデル「Optimus G L-01E」など、LTEサービス「Xi(クロッシィ)」に対応したスマートフォン3機種とタブレット2機種の計5機種を、9月以降、順次発売すると発表した。

全機種が「Xi」に対応し、受信時最大75Mbps、送信時25Mbpsの高速データ通信サービスを利用できる。OSはAndroid 4.0。発売時期は、スマートフォン「docomo with series」の「AQUOS PHONE si SH-01E」が10月、同機種をベースに、女性向けのファッションブランド「Vivienne Westwood」とコラボレーションした限定3万台の「SH-01E Vivienne Westwood」が11~12月、「Ascend HW-01E」が10~11月、「docomo NEXT series」の「Optimus G L-01E」が10~11月。タブレット端末の「MEDIAS TAB UL N-08D」が9~10月、「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」が10~11月の予定。

「AQUOS PHONE si SH-01E」は、約4.1インチの高透過CG Silicon液晶を採用し、液晶パネルの狭額縁化によって、全面がディスプレイになったような幅約59mmのシャープ製スマートフォン。1.5GHzのデュアルコアCPU、有効約1210万画素の裏面照射型CMOSカメラを搭載。IPX5/IPX7等級の防水・IP5Xの防塵、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信に対応するほか、使いやすさを追求したユーザーインターフェース「Feel UX」や、シャープ独自の省エネ技術「エコ技」機能など、多彩な機能を搭載する。カラーは光沢のあるピンクとホワイトの2色。「SH-01E Vivienne Westwood」は、ブランドの代表的モチーフ「オーブ」とロゴをあしらった特別仕様モデルで、専用の限定コンテンツをプリインストールし、コラボレーションカラー限定デザインの個装箱がつく。

「Ascend HW-01E」は、スマートフォン向け放送局「NOTTV」に対応したファーウェイ製のスマートフォン。約4.5インチのHD液晶、1.5GHzのデュアルコアCPU、有効約1310万画素の裏面照射型カメラなどを搭載する。ニュートラルでナチュラルなデザインで、カラーはパール感のあるホワイトとマットなブラックの2色。

「Optimus G L-01E」は、約4.7インチのHD液晶、1.5GhzのクアッドコアCPU、2210mAhの大容量バッテリ、有効約1325万画素のカメラなどを搭載したハイスペックスマートフォン。写真だけではなく、動画再生時にも画面をズームイン/アウトできる新しいユーザーインターフェイスを採用したほか、クイックメモボタンで、あらゆる画面にメモを取ることができる。スマートフォン向け放送局「NOTTV」に加え、IPX5/IPX7等級の防水、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信に対応する。カラーはレッドとブラック。

タブレット端末「MEDIAS TAB UL N-08D」は、1280×800ドットの約7インチの液晶ディスプレイ、1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載しながら、コミックス1冊分の約249gの重さと厚さ7.9mmを実現した。有効約810万画素のカメラを搭載し、多彩なカメラ機能や便利なアプリを備える。カラーはSilky White。

「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」は、持ち運びやすい厚さ7.9mmのスリムボディに、1280×800ドット約7.7インチ高精彩有機ELディスプレイ(SUPER AMOLED PLUS)、7インチクラスでは最大の5100mAhのバッテリを搭載し、「GALAXY Tab」シリーズでは初めて「NOTTV」とワンセグに対応した。カラーはLight Silver。

秋モデルのうち、「Ascend HW-01E」「Optimus G L-01E」「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」の3機種が対応する「NOTTV」は、mmbiが提供する有料のスマートフォン向け放送サービス。今年4月1日にスタートした。現在は、モバキャス放送エリア内で、対応するドコモの端末でのみ視聴できる。サービス利用料は月額420円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング