写真を拡大 東方神起YUNHO

東方神起などが所属する韓国の事務所「SMエンターテインメント」のアーティストが一堂に会す音楽フェスで、今年で日本での開催が5回目を迎えた「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IN JAPAN」。7月15日・16日の京セラドーム大阪公演に続き、東京ドームでの公演が27日・28日に行われた。

4万5000本のピンクのペンライトで彩られた会場に最初に登場したのはNCT Dream。昨年、正式にデビューした彼ららしいフレッシュな魅力全開で『My First and Last』を歌い踊り客席を盛り上げた。

同ライブは、ビッグなアーティストのステージが次々と展開されるだけではなく、普段は別のグループで活動しているメンバー同士のコラボレーションが見られるのも特徴。今回は、そのコラボが2曲目で早くも実現。天上智喜The GraceのSUNDAYとNCTのDOYOUNGがデュエットで『Still』を聴かせ、客席を甘い気分にさせてくれたのだ。その後もライブ前半で様々なコラボが実現。

事務所の大先輩であるKANGTAとの共演にYESUNG(SUPER JUNIOR)が緊張しながらも美しい歌声を聴かせてくれた『Gray Paper』。溶け合う2人の歌声が、とてもムーディーだったCHANYEOL(EXO)×WENDY(Red Velvet)の『Stay with Me』。MARK(NCT)がラップで参加したHENRY(SUPER JUNIOR-M)との『I’m good』や同じくMARKとXIUMIN(EXO)が背負ったリュックを放り投げるユニークなダンスを見せてくれた楽しくハッピーな楽曲『Young&Free』など、このライブでしか見られないスペシャルなコラボが次々と繰り出され、その新鮮な光景に4万5000人から歓声が沸き上がった。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます