米アップル、スマートフォン「iPhone 5」を発表、より薄く軽く、画面は4インチに

2012.9.13 10:25配信
「iPhone 5」の紹介ページ

米アップルは、現地時間の9月12日(日本時間9月13日)、従来機「iPhone 4S」より大きい4インチの「Retinaディスプレイ」や新しい「Lightningコネクタ」を搭載し、デザインを一新したiPhoneシリーズの最新モデル「iPhone 5」を発表した。サイズは約9mm縦に長くなったが、幅は同じ。カラーは、ブラック&スレートとホワイト&シルバーの2色。

「iPhone 5」は、独自のマップアプリやナビゲーション機能など、200以上の新機能を搭載した「iOS 6」を搭載したスマートフォン。アスペクト比16:9、1136×640ピクセル(解像度326ppi)、4.0インチの「Retinaディスプレイ」、従来のA5チップに比べ、処理速度とグラフィックパフォーマンスが最大2倍向上したA6チップを搭載し、基本性能を強化した。通信方式は、従来の3G(HSPA、HSPA+など)に加え、高速通信規格のLTEに対応(SIMカードはNano-SIM)。ワイヤレス通信として、IEEE 802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.0に対応する。なお、11nは2.4GHz/5GHzのデュアルバンドをサポートし、最大150Mbpsで通信できる。

1080pのフルHD動画や、「パノラマモード」でパノラマ写真を撮影できる800万画素の「iSightカメラ」、新たに裏面照射型センサを採用し、720pのHD動画を撮影できる「FaceTimeカメラ」を搭載する。また、従来の30ピンコネクタ(Dockコネクタ)より80%小さくなり、上下どちらでも差し込めるリバーシブル仕様の「Lightningコネクタ」を採用。本体は酸化皮膜処理したアルミニウム製ボディで、「iPhone 4S」に比べ20%軽く、18%薄くなり、バッテリ駆動時間は延びた。サイズは、高さ123.8×幅58.6×厚さ7.6mmで、重さは112g。音質が向上したヘッドホン「Apple EarPods」が付属する。別売で、Lightning - 30ピンアダプタも用意する。

アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、日本などでは9月21日に発売。28日には、追加で22か国で発売する。アメリカでの価格は、2年契約の場合で、64GBモデルが399ドル、32GBモデルが299ドル、16GBモデルが199ドル。日本では「iPhone 4S」に引き続き、ソフトバンクモバイルとKDDI(au)が取り扱い、9月14日から予約を受け付ける。

なお、「iOS 6」は、iPhone 4S/4、iPhone 3GS、新しいiPad、iPad 2、第4世代iPod touch向けに、無償のソフトウェアアップデートとして、9月19日から提供する。

同時に、「Lightningコネクタ」を搭載した新しいiPod nano、iPod touchも発表した。「Apple EarPods」も付属する。iPod nanoは、Bluetoothに対応し、バッテリ駆動時間を長くした。カラーは全7色。iPod touchは、iPhone同様、さらなる薄型・軽量化を図りつつ、ディスプレイサイズを4インチに大型化。500万画素の「iSightカメラ」を搭載する。カラーは全5色。新しいiPod nano、iPod touchは10月に発売する。

※日本での販売価格、各キャリアでの予約開始日などはわかり次第、別途お伝えします。

【2012年9月13日20時追記】

・ソフトバンクモバイル、KDDIとも、9月14日16時から予約受付を開始します。

→同時に発表した新「iPod nano」「iPod touch」の記事はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング