「仕事から帰ったら寝るだけ」なんて、忙しい毎日を送っているビジネスパーソンは少なくないはず。だからこそ、睡眠中はもちろん、就寝前のちょっとした時間にもこだわりたいもの。そんなユーザーのニーズに応えてここ数年、眠りと就寝前のリラックスタイムの質を高めてくれるアイテムが続々登場している。

たとえば、就寝中のボディケアアイテムとして、若い女性を中心に人気を獲得しているのが、段階圧力ソックス「寝ながらメディキュット」(ドクター・ショール)。英国の医療用ストッキングがルーツで、就寝前に履くことで最適な圧力が加わって、血行やリンパの流れを改善・促進したり、むくみを和らげてくれる。女性だけでなく、デスクワークで一日中座りっぱなしの男性にも愛用者はいるのだそう。

また、忙しい日々を送っていると、男性も女性も美容のための時間がなかなか確保できないもの。そんな悩みを解決してくれるのが、「目もとエステ」「ナイトスチーマー ナノケア」(Panasonic)など、自宅で寝ながら使えるビューティー家電だ。「目もとエステ」は温感ヒーターとじんわりスチーム、リズムタッチの3つの機能で、一日中パソコンと向かい合ってこり固まった目もとの筋肉を優しく解きほぐしてくれる。「ナイトスチーマー ナノケア」は、約20分続く潤風スチーマーと朝まで続くナノイー、専用アロマオイルで、肌のキメと髪のツヤを整えながら、くつろげる香りでぐっすりと眠ることができるアイテムだ。
さらに、自宅で満天の星空が楽しめる家庭用プラネタリウム「HOMESTAR PRO 2nd edision」も、夜のリラックスタイムをちょっと上質にしてくれる人気のアイテム。ギネス認定プラネタリウムクリエイター・大平貴之監修の約6万個の星空を眺めながら眠れば、きっとロマンチックな夢を見ることができるはず。


寝ながらメディキュット(ドクター・ショール)
Amazon
7net
目もとエステ(Panasonic) Amazon
7net
ナイトスチーマー ナノケア(Panasonic)
Amazon
7net
HOMESTAR PRO 2nd edition(セガトイズ) Amazon
7net

   

 

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます