お客様の前で"スマホでメモ"は失礼! デジタルにプラスで快適な厳選アナログメモ帳

2013.1.20 17:30

「携帯電話やスマートフォンがあるからアナログのメモ帳は持ち歩かない」という人もいるでしょう。しかし、デジタルのメモ帳だけでなく、アナログのメモ帳も持ち歩いてこそ立派な社会人! 今回はアナログのメモ帳のメリットと、“いつも持ち歩くモノ”とセットになったアナログメモ帳商品をご紹介します。

「携帯電話やスマートフォンがあるからアナログのメモ帳は持ち歩かない」という人もいるでしょう。しかし、デジタルのメモ帳だけでなく、アナログのメモ帳も持ち歩いてこそ立派な社会人! 今回はアナログのメモ帳のメリットと、“いつも持ち歩くモノ”とセットになったアナログメモ帳商品をご紹介します。

私は仕事中、ワイシャツの胸ポケットにメモ帳をいれて持ち歩いています。メモ帳を持ち歩く習慣が身についたのは、新入社員研修時にお世話になった先輩のおかげです。

先輩からは、「仕事のトラブルは、指示内容の勘違いだったり思い込みから発生する事が多い。そういったトラブルを回避するためにはきちんと記録を取れ。小さくてもいいから、ノートを持ち歩け。」と指導を受けました。それ以来、なにかあったらすぐにメモを取れるようA7サイズのメモ帳を持つようになりました。

「携帯電話やスマートフォンにメモ機能があるから、メモ帳は不要。」という意見も聞きますが、私はデジタルメモだけではなくアナログの紙のメモ帳を併用することをオススメします。

アナログメモのメリット

起動時間、記入スピードが早い
私はiPhoneのメモアプリも使っていますが、メモができるようになるまでにこれだけの手順が必要です。
【iPhoneを取り出す→パスコードの入力→アプリを探す→アプリを起動】

一方、紙のメモ帳の場合は 
【メモ帳とペンを取り出す→メモ帳を開く】 

の2ステップだけなのですぐにメモできるようになります。
さらにメモのスピードも、キーボード入力より手書きの方が早く書くことができます。
ただし、早めに清書しないと解読できなくなることも……。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング