子どもが生まれてから、どんどん「モノ」が増えていく。

片付けてもすぐに散らかってしまう。時間もあまりないから、掃除がマメにできない…。そんなママも多いのではないのでしょうか。

今回は、Instagramで13万人のフォロワーをもち、『ラクしてスッキリ! シンプル家事』の著者でもあるnikaさんに、スッキリ、シンプルに暮らすちょっとした方法をお聞きしました。(お部屋の写真は全てnikaさんのご自宅です。)

nikaさん自身、もともとは家事は終わりがなくて面倒だなぁと思っていたそうです。どうしたらラクにできるだろう、効率よく家事ができるだろうと考えた結果「効率化」という答えを見つけました。

頑張らなくちゃ、やらなくちゃ、と気負うよりも効率や段取りを考える方が、実はラクできるし、家族も笑顔になれる!のだとか。

そんなnikaさんの「おうち作り」のポイントをご紹介!

まず、自分のおうちにある「モノ」を見直してみましょう。次に、どんな空間にしたいかイメージしてみることが大切です。

シンプルなおうち作りのための基本的なポイント

必要なモノだけにする

自分が必要な物を適量もつこと。同じ物は持たない、を常に意識。
場所を取らないだけでなく、掃除の軽減や節約にも!

「捨てる」をシステム化する

捨てられずにもったいない…と思っていると、どんどんたまってしまいます。不用品を入れる一時ボックスを用意し、半年使わなかったらそのまま処分したり、フリマアプリに出品したりするとあれこれ考えずに捨てる習慣がつきます。

入ってくるものをすぐに処分

チラシや段ボールなど、紙ゴミのたまり方は結構すごいもの。シュレッダーやハサミはすぐ使える場所に置いて、ためずに処分。すると習慣化されてゴミも増えていきません。

空間別!シンプルポイント

【その1】リビング

家族みんながくつろげるリビングにするには…。

ポイントにしているところ

カーテンやソファーはベージュを、家具はナチュラル系の色合いを基調として温かみのある空間にする事を意識。明るい色合いなので部屋も広く見せてくれます。

おすすめ収納

しまいこんでしまいがちな写真は、いつでも見ることができるようにテレビを置いている収納棚へ。

【その2】キッチン

料理する気分を上げたい!キッチン周りや冷蔵庫の収納ポイント。

ポイントにしているところ

キッチンの上はスッキリさせること。モノをほとんど置いていないため、油汚れが気になるキッチンの掃除もラクに!また、スペースを広く使えるため料理もスムーズにできます。

おすすめ収納

ピーラーや大さじ小さじなどは、使うものだけに厳選。場所も有効に使えて取り出しもスムーズに!

【その3】寝室

ぐっすりゆったりできるスペースに!

ポイントにしているところ

枕カバーや布団カバーは、シャリっと気持ちのいいリネン素材を選んでいます。またアロマを焚いてリラックスできる空間を心がけています。

おすすめ収納

寝室には収納は置かずにスッキリと。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます