放っておくと数百匹に! 風呂場に潜む「チョウバエ」駆除法をプロに聞いた

1匹あたりの産卵数は約200個という「チョウバエ」をお風呂で発見。放っておいた結果、数百匹も繁殖してしまった…などという世にも恐ろしい事態は避けたい! というわけで、自力駆除を実践してみました!

お風呂に入っているとき、ふと体長2mmくらいのチョウバエが天井に張り付いているのに気がついた。いずれ自然といなくだろうと放っておいたのだけれど、そのチョウバエは翌日も翌々日も天井にいて、わが子たちもついに「虫がいると気持ち悪い。早く退治してよ!」と騒ぎ出すように。

「チョウバエは何も悪いことをしていないでしょ? 一寸の虫にも五分の魂。むやみな殺生はいけないよ」と、どこかの坊さんのような徳の高い話をしてなだめたのだが、一週間後には3匹、一カ月後には5匹と、日を追うごとにチョウバエの数は増えていく。

やや不安になり、ネットをみると、チョウバエに悩んでいる人たちの書き込みがずらり。なかには風呂場で数百匹も繁殖してしまったという閲覧注意状態の人も。こ、これはアカンやつやー! 

チョウバエは2週間の幼虫期間を経てさなぎとなり、成虫として4~14日間生きるという。その間の、1匹あたりの産卵数は200個! 軽く見積もってもわが家は1000個以上の卵があるってこと!? ヤらなきゃヤられる……卵とったりや! 人間とチョウバエの仁義なき戦いが幕を開けたのであった。

 

駆除1日目:浴槽のエプロンを外して熱湯攻め

調べた結果、チョウバエの駆除方法は
(1)発生源と思われる場所に70度の熱湯をかける
(2)シャワーで流す
(3)専用殺虫剤をまく
……などがあった。専用殺虫剤が手元にないため、まずは熱湯を流すことに。
 

チョウバエは暗く、ジメジメしている場所に生息するという。風呂場であれば、掃除の行き届かない浴槽直下の排水溝付近が繁殖ポイント。わが家の場合はマンションに多いユニットタイプで、浴槽下を見るには「エプロン」と呼ばれる側面カバーを外す必要があった。

で、夫がカバーを外して浴槽下を確認したのだが、幼虫らしいものは見当たらないという。とりあえず夫はやかん2杯分の熱湯をたっぷりと流した。これで仁義なき駆除は完了! 

…と思い込んでいた私たちは、完全に敵をなめくさっていた。翌朝にはチョウバエ5匹が風呂場の壁に貼り付いていたのである。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント