宮澤佐江連載「ミラチャイ」

[第1回]SNH48 宮澤佐江インタビュー “チャンスの順番”をバースデープレゼントに

注目の新連載が「ウレぴあ総研」で始まります。初回はプロローグ編と題して、彼女に現在の心境を直撃しました。【毎週金曜更新】

「生日快乐!」
2012年8月13日、
22歳の誕生日
“チャンスの順番”はバースデープレゼントのように……

ニイハオ!SNH48宮澤佐江です。

昨年夏の電撃移籍発表から、本当にいろんな、いろんなことがあって、ファンの方にも心配をかけちゃっていると思いますし、中国と関わりのある方々からも「応援したいけど大丈夫?」と言っていただいていますが、私は“没問題”(=ノープロブレム)!

いまは向こうでやりたいことがたくさんあり過ぎる分、ウキウキしている気持ちでいっぱいです!頑張んなきゃいけないことも、いっぱいなんですけど……(笑)

――そもそも、どうしてSNH48に?

実は8月13日が22歳の誕生日で、事務所のスタッフから「何が欲しい?」って聞かれたんです。ちょうど、デビュー当初からの夢だった東京ドーム公演(※8月24~26日開催『AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~』)の直前。コンサートが終わったらAKB48の第二章が始まるんだな、と思ったら「新たな1831m目を踏み出したい!」という気持ちが湧いてきて。

それでそのスタッフに、「プレゼントはいらないので、何か新しいことにチャレンジするための時間を作っていただけたらうれしいです」というお返事をしたんです。
そうしたら数日後、そのスタッフから「海外の48グループへの留学の話で、佐江の名前が挙がっているけど」って連絡が来て。

誕生日の時、AKBメンバーがファンの方とやり取りしている「AKB48 Now on Google+(ぐぐたす)」に、インドネシアのJKT48の子たちからおめでとうメッセージがたくさん届いたんですよ。そのことが秋元先生の耳にも入ったみたいで、「国境を越えて慕われている佐江なら、海外のチームを引っ張ってゆけるんじゃないか」という話が出ているけど、どうする? って。

新しいことにチャレンジ、といってもそこに「海外」という選択肢は一切なかったし、自分の人生で外国に留学するなんてことは一生ないと思っていたので、まず名前が出てきたことにびっくり! 頭のいいキャラでもないし、学校の勉強でも語学は得意ではなかったですし(笑)

――中国、という場所については?

もともとAKB48のイベントで行く機会が一番多い国だったので「知らない場所」というわけではなかったんです。ファンの方が持っている情報も、すごく的確。日本のテレビで私が話したコトバとかを「なんでそんなコトまで知ってるの?」というくらいチェックしてくれているんですよ。

例えば、私、だて眼鏡と蝶ネクタイが大好きなんです。日本のバラエティ番組では「お前、何なんだよ、そのファッション!」とか、よくいじられてたんですけど。

でも一昨年、上海で握手会をした時、「みやざワールド! 中国のさえちゃんファンの間で流行ってんだよー」って、だて眼鏡に蝶ネクタイを付けたファンが、いーっぱい集まってくれて。中国人、超いいじゃん! と(笑)

だから留学のお話をいただいた時にも、中国だったら真剣に考えよう、と思えたんです。
中国のファンの皆さんに、自分のファッションとか広めてゆけたらなぁ、南京路(※上海の繁華街)を、だて眼鏡と蝶ネクタイの人にゾロゾロ歩いてもらえるように、もっと強化しちゃおうかなぁって。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング