レンジ周りのギトギト汚れはオレンジクリーナーでスッキリ!

レンジ周りのギトギト油汚れ。これは重曹スプレーでも落とすことができます。でももっと効果的なのがオレンジクリーナー。油汚れにシュッシュと吹きかけて10分ほど放置します。

 

その後濡れ雑巾で丁寧に吹きあげればスッキリピカピカになりますよ! ただし、天然成分の重曹と違ってかなりケミカル臭がするので、最後にはペットボトルに水を入れてジャーっとすすぎ洗いしたいところ。油汚れに対して無類の威力を発揮するんですが、キッチンでの利用はやや注意が必要となります。
 

匂いが残ると困る場所の油汚れにアルカリ電解水クリーナー

電子レンジの中の掃除は無臭で洗浄力が強く、界面活性剤が含まれていないアルカリ電解水クリーナーがベスト。中身はアルカリ性の「水」なので体にも安心。何度も洗い流す必要もありません。

洗浄力はオレンジクリーナーの方が上ですが、スキマにクリーナーが残ってしままうとケミカルな匂いがしてしまうので、こちらを利用していきましょう。

 

もともと中が黒いので、ビフォーアフターの難しいところですが、ベタベタ感が取れました。サラッサラです。なお、アルカリ電解水クリーナーは中身だけの詰替え用も販売しています。スプレーも、詰替え用も100円です。
 

シンクはクエン酸スプレーとメラミンスポンジでピカピカに!

シンクの汚れは油汚れと水垢の混じった汚れとなります。これに効果的なのが、クエン酸スプレーとメラミンスポンジの組み合わせ。まずクエン酸スプレーを全体的に振りかけて、メラミンスポンジでゴシゴシ。

 

これだけでシンクの曇りが取れますよ。

 

蛇口も忘れずに磨いておきましょう。蛇口の下の方って水垢が白くなって固まっていることが多いので、その場合は鏡と同じくクエン酸スプレーを噴きかけたあとしばらくラップで養生して、歯ブラシでこすると綺麗に落とすことができます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます