品質とおしゃれ感で、最近の100円コスメは注目を集めています。

スキンケア製品も以前からありますが、昨年ぐらいから数がぐっと増えて、女性が「使ってみたい!」と思えるものが増えています。

「安いスキンケア商品はちょっと不安…」という人も多いと思いますが、使ってみて「プチプラの製品とあまり変わらない」「コスパがいい」と感じる方も多い様子。

確かに高級な成分の配合量は違いますし、最新の成分というわけではないですが、安全性や有効成分、日本産などのこだわりも見受けられます。

何にせよお手頃なので、気軽に試せて、選びかたによっては自分が満足するものが得られるのではないかと思います。

というわけで今回は、ダイソーの最新スキンケア製品5品をレポートしていきます。

全部100円!ダイソーのスキンケア製品5品

リッチモイストエッセンスマスク(馬油)

シートマスクは黒真珠エキス、椿オイルというように成分から選べるようになっています。豊富な種類のシートマスク(一枚入り)から、人の皮脂に近いと言われる馬油をセレクトしました。

マスクは洗顔後に用いて、その後、通常のスキンケアをするタイプのものです。シートマスクは安いものはもっと安くありますから、1枚100円というのはそれほど安い部類ではなく、お値段で選ぶというよりも美容成分で選ぶのが良いですね。

シートは厚手のコットンで美容液もたっぷり入っています。夜のスキンケアで数分マスクしたところ、肌が潤い、翌朝も肌がつるっと滑らかになっていました。

使い方のポイントとしては美容液がさらっとしているために、下にたまりやすくなっていて、使うときによくマスクと美容液をなじませるようにすることです。(それでも美容液はたっぷりマスクにのるのですが、美容液が余ると勿体無いので)

ダイソー 薬用美白美容液

細身のチューブタイプの薬用美白美容液。有効成分として水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。その他、キウイエキスやセイヨウ梨果汁発酵液など植物系の成分が多く配合されている印象です。

さっと伸びるジェルタイプで、少量で顔全体に広がります。

さらっとした軽いテクスチャーですが、保湿力は高く、ローションの後これだけでもOKです。特に乾燥が気になる方はその後クリームや乳液で補いましょう。

プチプラコスメをボディ用に贅沢使いする方も多いですが、ベタつきがなく無香料なので、この美容液ならハンドクリームとしても使いやすいと思います。こまめなケアで手のしみ対策に。

ダイソー 薬用美白G

同シリーズのジャータイプの美白ジェル。薬用美白美容液と同様に有効成分として水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウムを配合しており、医薬部外品となっています。

伸びもよく、さらっとしたウォーターゲルのようなみずみずしい使い心地。上記の薬用美白美容液とテクスチャーが似ているのですが、美容液よりこちらのゲルの方が保湿力が高いようでした。オールインワンジェルとしても遜色なく使えます。

このシリーズでは他にローションやクリームもあります。

好き好きがありますが、この二つは似たようなテクスチャーなので、この二つを重ねるよりは、クリームやローションとの併用の方が良いかと思いました。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます