子どもの前髪を切ることに、ストレスを感じていませんか?「子どもが嫌がる」「上手に切れない」…いろんな悩みがあるかもしれません。

面倒だけど切らなければいけない。でもやっぱり嫌がられるのはつらい…そんな、ちょっとブルーになりがちな前髪カットの時間を、どうせなら、家族みんなが笑顔になれる素敵な時間に変えてみませんか?

今回ご紹介するのは、子どもの前髪を楽しくカットできるという便利アイテム、その名も「変身カットマスク」。

一体どんな製品なのか、開発された方のお話も交えながら、その魅力に迫ります。まずは、使用感を確かめるため、実際に使ってみました。

シンプルにして機能的。かわいいデザインも魅力

「変身カットマスク<ライオン>」

「変身カットマスク」の袋を開けてみると、かわいい「ライオン」のマスクが登場。こちらは「ストレートカット」用です。

袋の中には、カットする際に用意するものや、前髪をカットする手順&コツが記された説明書が同封されています。

マスクのほかに準備するものは、「カットバサミ」「すきバサミ」「コーム」「ヘアクリップ3個」。ヘアクリップは、前髪を分けて、切りやすくするために使います。今回は100円ショップで購入しました。

そのほか、髪が洋服につかないようにする「カットクロス」や「手鏡」があるとさらに便利、と書かれています。

説明書きに従って、前髪をクリップで止め、それから、マスクを顔にあててもらいます。子どもでも持ちやすそうな形状です。

早速、前髪を切ってみます。マスクには、前髪のラインがプリントされているので、ハサミでその線に沿って切っていくだけ。カットバサミで長さを調整してから、すきバサミでボリュームを調整…説明書に書いてある通りに進めます。

子どもは、すぐ下を向いたり、顔を曲げたりして、普通に切ること自体が難しいですよね。でも通常は、自分の感覚に頼りながら切るしかなく、ギザギザになったり、うっかり切りすぎてしまったり…

切った髪で顔が髪だらけになって「チクチクする~」とぶつぶつ言いだしたり、「もういい!」と逃げ出したり。それでもめげずに「ちょっと待ってね」「すぐ終わるからね」と、だましだまし椅子に座らせ…時間との勝負です。

でもこのマスクを使えば、そんなストレスが激減。顔の部分が透明なので、目をつぶらずにすみますし、周囲の様子がよく見えます。切った髪が鼻や口にまとわりつくこともありません。ハサミで目や肌を傷つける心配もなし。

そして、不思議と、楽しい雰囲気を演出してくれるのです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます