【恋愛】なぜ? “イイ男”なのに彼女がいない! 「七不思議君」の実態

かっこよくて、優しくていい人なのに、なんでずーっと彼女ができないんだろう!? という、「七不思議君」。あなたの周りにいませんか? 一見「非の打ち所のない条件の持ち主」に見える彼がなぜ常にフリーなのか、そしてそれをどうすれば改善できるのか、考察してみましょう。

かっこよくて、優しくていい人なのに、なんでずーっと彼女ができないんだろうね!?という、「七不思議君」。あなたの周りにいませんか?

例えば…

 ・ルックスがいい
 ・優しい
 ・いわゆる「男らしい」
 ・会話が楽しい
 ・場の空気が読める
 ・同性の友達からも好かれている
 ・休日は趣味などで充実した日々を過ごしている

など、一見「非の打ち所のない条件の持ち主」に見える彼がなぜ常にフリーなのか、そしてそれをどうすれば改善できるのか、考察してみましょう。

 

彼女がいない理由その1:「こだわりが強すぎる」

「オレのこだわり」という魔物は、時に男の株を大幅に下落させてしまう可能性があるので要注意です。

<例>
・彼女がせっかく畳んでくれた洗濯物でも、つい畳み直してしまう(オレ流の畳み方じゃないとムリ)

・蓋を開けたらあるミュージシャンの「熱狂的なファン」で、生活全体がそのミュージシャン一色に染まってしまっている(一緒に応援しようぜ!←迷惑)

・占いをやたら信じたり、縁起を担ぎすぎる(今年は天中殺だから彼女とか作らないんだわ)

<解説>
こだわりというものは、その「程度」によって評価が180度変わってしまうもの。上手にやれば「ステキな個性の持ち主」にもなれる反面、一歩間違えると「ただの細かくてめんどくさいやつ」に成り下がってしまう可能性もはらんでいます。何事も、ほどほどが一番です。

 

彼女がいない理由その2:「一人の時間がないと耐えられない」

リア充が「一人」という単位で成立している男子に多いこの現象。一人がいいと言われてしまえばそれまでですが、もったいないですよ?。

<例>
・土日ぐらい人に気を使わず、一人で過ごしたいと思ってしまう(好きなこと>好きな人)

・人と一緒のベッドで寝るのが苦痛だ(幼い頃から一人で寝かされたアメリカ式教育のなごり!?)

<解説>
一人で過ごす派の男子は、一回だまされたと思って、好意を寄せる異性と二人の時間をとっぷり過ごしてみましょう。本当に好きな相手なら、だんだんと自分の考え方が変わってくる可能性大!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング