「~じゃね?」は“方言”だった!? 関東の意外な方言を大学教授が解説

語尾に「~じゃん(か)」とつけたり、列に割り込むことを指す「横はいり」は横浜の方言だというのは本当なのか? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が徹底調査しました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
語尾に「○○じゃん(か)」とつけたり、列に割り込む「横はいり」は横浜の方言と聞いたのですが本当でしょうか。ほかにも横浜に方言があるのか気になります。(enさんのキニナル)

 

まさか、「じゃん」は横浜発祥ではない!

「最近、夜更かしばっかりしてんじゃん。ダメだよ」
「別にいいじゃん。ちゃんと朝起きてるんだから」

横浜生まれ、横浜育ちの記者は親子の会話でも当たり前のように「じゃん」を使ってきたが、中学生くらいまでは方言だと意識したこともなかった。

関西からの転入生が「横浜に来るから『じゃん』を練習してきた」というのを聞いたり、テレビ番組の中で、“横浜といえば「じゃん」”というような扱いを見たりして、横浜独特の言葉なのか?と思ったこともあったが、今ではドラマの会話や関東広範囲で使われ、やはり標準語ではないか?と思ったり・・・。

「横はいり」にいたっては、完全に標準語だと思っていたので、方言と指摘されて驚いた。
ハマっ子が当たり前のように使っている言葉が方言かもしれない!

この真相を専門家に尋ねようと、方言について数々の著書をお持ちの明海大学・日本語学科教授の井上史雄先生の元へ向かった。

明海大学 井上史雄先生
拡大画像表示

先生に「方言」の定義を伺ってみると、「標準語と対になっているもの。一定の地域でふだん使っている言葉があれば、それは方言。1県独自の方言は少なく、何県かにまたがっているものが多い」とのこと。

では「じゃん」は方言なのか?
先生に伺うと、「じゃん」は方言といえるが、横浜発祥ではないそうだ。

先生曰く、方言の「じゃん」と対になる標準語は「ではないか」。「ではないか」が話し言葉で変形したものなのだそう。

「では」→「じゃ」 (「それでは」が「それじゃ」となるように変わった)

「ない」→「ん」 (「やらない」が「やらん」、「行かない」が「行かん」となるように変わった)

「か」→脱落 

原図 時見隆一(1996)
拡大画像表示

「ない」が「ん」に変わるのは、西日本特有のものであって、この点からも関東発祥ではないことがわかるとのこと。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング