映画『風立ちぬ』に登場したお菓子「シベリア」のトリビア

横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、羊羹をカステラで挟んだ菓子パン「シベリア」について徹底調査。映画『風立ちぬ』にも登場した話題の一品です!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
羊羹をカステラで挟んだご当地の菓子パンがあると聞きました。たしか、シベリアという名前でした。近所のパン屋さんでは見つからなかったので、どこで買えるのか調査してほしいです。(ハマーさんのキニナル)

 

“幻のパン”シベリアは、桜木町にあった!

 

羊羹をカステラで挟んだ菓子パン――。
平成生まれにとっては想像できないと思うが、この「シベリア」と呼ばれる菓子パンは、今から30~40年前なら、東京近郊のパン屋では「甘食」と並んでごく普通に売られていた。記者が住んでいた山梨の片田舎の古いパン屋にあったことを記憶しているが、ここ最近では都内でもすっかり見かけなくなった。

そんな“幻の菓子パン”シベリアが横浜にあるという。知人のスイーツライターに尋ねてみると、桜木町にある「コティベーカリー」で売られているという。そこでさっそく取材を申し込むと、ご主人の馬中俊夫さんが快く引き受けてくれた。

同店は1916年(大正5年)創業以来シベリアを作り続け、馬中さんは三代目。馬中さんと奥さんが二人三脚で三代続いた味を守っている。

 

「シベリアが誕生したのは、明治後半から大正初期頃と聞いています。パン焼きがまの余熱を利用して焼いたカステラと、あんぱんに使うあんを使って作ったようです。当時の東京近郊のパン屋では、どの店でも作られていました。」

シベリアは羊羹などの甘味をカステラでサンドイッチしたものだが、店舗によって形や挟むものが異なる。羊羹の代わりに小倉あんやうぐいすあん、さらにジャムを使っているケースもあるという。同店では羊羹は羊羹でも水羊羹を使用。これも初代から代々受け継がれてきたという。

「形状も三角がオーソドックスですが、山崎製パンが販売している『シベリアデラックス』のように長方形をしているお店もあります」

尚、『シベリアデラックス』はスーパーなど各店舗の発注に応じて店頭に並ぶため、山崎製パンお客様相談室に確認してみるといいだろう。ちなみに中区ではピアゴイセザキ店やイトーヨーカドー本牧店など5店舗ほどのスーパーでほぼ毎日売られているようだ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング