11月に発売となる「iPad Air」の発売。そして少し遅れますが、待望のRetina搭載の「iPad mini」も発売されます。両モデルとも魅力的な変更なので、すでにiPadを使っていながらも、思い切って買い替えを狙っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、買い替えとなると旧機種の行方を考えてしまいますよね。そのまま文鎮にさせておくのはあまりにも勿体無い!

そこで、ここでは新型のiPadへ買い換えた場合、旧機種をいかに活用するか? をテーマにいくつかの選択肢をご紹介していきましょう。

 

Case1:子供に与える ~機能制限を活用しよう~

子供のオモチャとしては高いものかもしれませんが。設定やアプリ次第では、赤ちゃんから中高生まで。幅広い層の欲求を満たすアイテムとなってくれるはずです。

ただし子供に与える際に気をつけたいのが、iPadの制限。勝手にアプリなどを買われないようにするために、以下項目の見直しを行いましょう。

 

 

1:許可するアプリと制限するアプリを決める

「設定」→「一般」→「機能制限」からアプリごとの利用許可を設定できます。子供の成長に応じた制限をかけていきましょう。

特に勝手にアプリを買われないためにも、ストア系は無効化。もしくはクレジットカードの無いApple IDを新規に設定しておくことをおすすめします。

 

2:iCloudやメールアカウントは事前に削除

同期系のサービスアカウントは、必ずiPadから削除しておきましょう。特にiCloudは絶対で、不用意に連絡先を消されたりしたら大変。フォトストリームで勝手に写真がひたすら送り込まれてくるという状況にもなりかねません。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます