人気持続はトップクラス! 『寄生獣』が社会に与えた影響&あわせて読みたい岩明均作品

2013.11.29 10:30

90年代を代表する傑作SFコミック『寄生獣』が実写映画化&TVアニメ化されると発表され大いに話題となった。今回は作品内容をおさらいし、連載当時に読者や社会に与えたインパクト、そして『寄生獣』とあわせて読んでおきたい岩明均作品を紹介したい。

©岩明均・講談社

かねてからハリウッドでの映画化が噂されていた『寄生獣』。1990年代を代表する傑作SFコミックが、日本で実写映画化&TVアニメ化されると発表され大いに話題となった。

今回はその作品内容をざっとおさらいし、連載当時に読者や社会に与えたインパクト、そして『寄生獣』とあわせて読んでおきたい岩明均作品を紹介したい。

 

『寄生獣』は1988年から1995年までモーニング、アフタヌーン系列で連載。旧版コミックスは全10巻、のちに発売した完全版では8巻にまとめられている。

ストーリーはある日突然、無数の寄生生物(パラサイト)が飛来したシーンで始まる。どこから来たのか分からないパラサイトたちは、人間の皮膚を食い破って体内へ侵入。そのまま首から上を乗っ取り、擬態能力でもとの人間とまったく同じ顔になることができる。

知性は人間並みにあり、少しずつ社会性も身につけていく。頭部を自在に変形させて鈍器や刃物にすることも可能。軽くコンクリートをひしゃげるほどのパワーを誇る。そして何より怖いのは――人間になりすました彼らの主食が“人間の肉”であるということだ。
 

ごく普通の男子高校生・新一もこのパラサイトに狙われ、すんでのところで脳への侵入を阻止。右腕だけを乗っ取られた新一は、好奇心旺盛なパラサイト・ミギー(右手だから)と奇妙な共同生活を送るハメになる。

頭部を乗っ取らなかったミギーはなぜか「人間を食べたい」という欲求が薄く、人間観察や読書を好むパラサイトの中でも変わり種。だが話はコメディ方向へは進まず、いやおうなしに彼らは人を襲って捕食する他のパラサイトたちと対峙していくことに。

やがてパラサイト社会と人間社会が本格対決を迎え、新一たちの前にも最強の戦闘型パラサイト「後藤」が立ちふさがる。その時、パラサイトと人間のあいだに身をおいてきた新一&ミギーはどんな選択をするのか? ラストまで息をつかせないドラマとアクションが展開していく。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント