横浜に“市立の幼稚園”がないのはナゼ? 行政に直撃取材した

横浜市に「市立の幼稚園」がないのはなぜ? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」がその理由を調査しました。

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
横浜にはなぜ市立の幼稚園がないの?
(べるつくさんのキニナル)

 

横浜市には現在、299園(うち休園1園、平成23年4月現在)の幼稚園がある。
しかし、驚くことにこのすべてが私立幼稚園なのだ。

市内の幼稚園すべてが私立というのは、全国でも珍しい。
それを聞いて「市立がないの?」と疑問に思う人は多いだろう。

だからといって、以前に市立幼稚園がなかったというわけではない。
3園あった(そもそもの数が少ないと思う)が昭和64年を最後にすべて閉園している。

では、私立幼稚園のみという状況は、横浜市だけの現象なのか?神奈川県の他市はどうなのだろう。
比較として政令都市の川崎市、相模原市にも問い合わせてみた。

川崎市には2年前まで市立幼稚園があったが、現在は私立の86園のみ。

相模原市には3園の市立幼稚園があるが、これは市の合併により相模原市になっただけで、もともと相模原市にあった市立幼稚園ではない。私立は50園ある。

神奈川県内の政令都市にある市立幼稚園は非常に少ないといえよう。

保育料においては、園によって開きがあるものの、一般的に私立幼稚園が毎月3万円前後。
公立(都道府県、市町村区および組合が運営)が毎月1万円前後といわれている。

幼稚園だけでなく私立の学校に子どもを通わせるのは、経済的に余裕があって、教育に熱心な親の選択であって、普通の子どもは公立に行くものだと漠然とイメージしていた。でも、横浜市には市立の幼稚園がない。
 

関内新井ホール

なぜ市立幼稚園がなく、私立幼稚園しかないのだろうか?

横浜市には市立幼稚園は必要なかったのだろうか?

今後の事も含め、横浜市の子育て支援課がある関内新井ホールで聞いてみることにした。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント