最新のWindowsが80%割引!? “激安ダウンロード販売”のリスクと回避方法

2014.3.13 10:30

4月9日にWindows XPのサポート期限が切れるのを控え、インターネット上では違法なWindowsを“激安販売”しようとするショップが後を絶たない。今回は、この“激安ダウンロード販売”のリスクと回避方法についてまとめました。

ネットにはびこる“違法Windows”販売サイト

「最新のWindows 8、通常25,000円のところを5,000円で!」
「認証キーをメールで送るだけなので郵送不要、送料無料」
「ライセンス認証を保証します!」
「正規品です」

―― 4月9日にWindows XPのサポート期限が切れるのを控え、インターネット上では違法なWindowsを“激安販売”しようとするショップが後を絶たない。違法にプレスしたDVDパッケージを直接販売する露店などはめっきり見かけなくなったが、今度はオンラインですべて済ませてしまう“ダウンロード販売”のショップが目立つようになってきた。

Windows XPは2001年にリリースされた基本ソフト(OS)なので、通常であればXP当時のパソコンはWindows 8やWindows 7を動かすには性能が足りない。“サポート期限切れに合わせてパソコン本体ごと買い換えよう”という人が多いはずだ。

しかし後継OSのWindows Vistaがリリースされてからも、ショップブランドのパソコンなどは、Vista世代の比較的高性能なパソコンにWindows XPをインストールして販売されていた場合がある。こうした余力のあるパソコンを持っている人には、最新版Windowsが半値以下で買えてしまうのは本体を買い換えるよりずっと安上がりになる。OSを新規購入しなければならない自作パソコンのユーザーも同様だ。

多数派ではないものの確実に存在する“激安OSへの需要”――違法ソフトを販売するショップはそこを狙ってくる。実際、日本マイクロソフト株式会社によると、そうした違法Windowsの購入者からの問い合わせが確実に増えているという。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング