【B1A4】ブームとは無関係の音楽性で勝負! 熱狂のアリーナツアーをレポート

人気グループ、B1A4(ビーワンエーフォー)がアリーナツアー「B1A4 LIVE TOUR 2014 in Japan 『Listen To The B1A4』」を開催。熱気に沸いた4月6日の横浜アリーナ公演の模様をレポートでお届け!

B1A4 左からサンドゥル、ジニョン、バロ、ゴンチャン、シヌゥ
拡大画像表示

韓国出身の5人組ボーイズグループ、B1A4(ビーワンエーフォー)が4月6日、アリーナツアー「B1A4 LIVE TOUR 2014 in Japan 『Listen To The B1A4』」神奈川公演のファイナルを横浜アリーナで迎えた。

3月19日に日本2ndアルバム『2(トゥー)』をリリースし臨んだアリーナツアー。日本デビューシングル『Beautiful Target-Japanese ver.-』から元気いっぱいでスタートしたライブは、「『Listen To The B1A4』というタイトル通り、僕たちの音楽を存分に届けるステージ」(シヌゥ)、「アルバム『2』には、2枚目のアルバムという意味と、ファンの皆さんへの<To You>という意味を込めた」(ゴンチャン)、「アルバムの曲はもちろん、たくさんの曲を届けます」(サンドゥル)と冒頭で述べた通り、アルバム『2』収録曲全曲を含む24曲を生バンドの演奏で聴かせた。

これまでのライブはメンバー自らが脚本に参加し演じるミュージックドラマが挟まれるという特徴的な構成だったが、今回は音楽だけの真っ向勝負。日本オリジナル曲『HEY!!』ではダンサーたちと歌詞の内容をダンスで表現したり、前半では演技的要素と歌を融合させたレビューのようなステージを展開した。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント