【サメドル】"サメ愛"が強烈! “サメのかぶりもの”で歌い踊る「アイドル」大阪で発見

いま日本は「戦国時代」と呼ばれるほど、アイドル産業が花盛り。全国各地に数多くのご当地アイドルがいて、しのぎを削っています。そして大阪にも「今年ブレイク間違いなし!」との呼び声が高い、一匹の、いやひとりのアイドルがいるのです。

サメのかぶりもので歌うアイドル「Bugって花井」  撮影・佐々木まこと

いま日本は「戦国時代」と呼ばれるほど、アイドル産業が花盛り。全国各地に数多くのご当地アイドルがいて、しのぎを削っています。そして大阪にも「今年ブレイク間違いなし!」との呼び声が高い、一匹の、いやひとりのアイドルがいるのです。

その名は、「Bugって花井(ばぐってはない)」こと、花井なおさん。花井さんは一見、スマートな美形アイドル。ところが、ひとたびステージにあがると、まったく別の生き物に豹変! なんと頭からすっぽりと「サメのかぶりもの」をかぶってうたっているではありませんか! そう、実は花井さんは日本で唯一の“サメアイドル”="サメドル"なのです。

 

このスレンダーな美女が、ひとたびステージに上がれば……サメドル「Bugって花井」に変身!

花井さんが頭からかぶっているのは、頭部と口が極端に大きく、ぶよぶよ不気味な深海ザメ「メガマウス」を模したマスクキャップ。

メガマウスは、その名の通り「口が大きい」という意味を持ち、捕獲例が過去に世界でわずか58ケースしかなく、生態は未解明な部分が多いという稀少なサメ。今年2014年4月14日(月)、静岡市清水区の由比漁港に体長約4.4mのメスが水揚げされ、たまたま通りかかった俳優の杉浦太陽さんが生きたままの姿をブログにアップしたことで大いに話題となりました(ご本人はそれが世界的な大スクープだと知らなかったご様子)。

とはいえ、メガマウスはいまだに決してメジャーなサメではありません。花井さんはそんな知名度が低いメガマウスに愛をこめ、メガマウスにまつわる歌ばかりをうたっています。たとえば「メガマウスのうた」「メガマウス音頭」「メガマウスディスコ」「恋するメガマウス娘」「メガマウス絵描き唄」などなど、レパートリーはすべてメガマウスにまつわる曲ばかり。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング