2018年5月19日(土)~20日(日)にかけて、中国・上海で大型同人誌即売会『COMICUP 魔都同人祭 22』(以下上海CP)が開催されました。早速、『上海CP』の様子を紹介していきます。

『上海CP』は、春と冬に毎年2回開催される、中国本土を代表する一大同人誌即売会です。日本を除けば世界でも規模が非常に大きい約1,500サークルのサークルが集結するほか、中国を代表するゲーム会社やアニメコンテンツを発表する会社が出展するイベントとして人気を博しています。

今回は例年会場となっていた上海新国際博覧中心ではなく、上海でもさらに内陸部に位置する上海虹橋国際空港近くにある国家会展中心にて開催されました。

来場者数は『コミックマーケット』には劣るものの、海外のオタク系イベントで見るとトップクラスの規模。アジアで2番目の規模を誇る上海新国際博覧中心はともかく、国家会展中心では参加者全員が入れるのか…と当初は思っていましたが、国家会展中心も十分すぎる広さ。東京ビッグサイトや幕張メッセなど日本のイベント会場と同等レベルだと感じました。

ちなみに筆者は2016年より毎回必ず参加するほど、『上海CP』というイベントに注目しています。実際、前売りチケットが完売するほどの人気っぷりで、さらに日本でも展開している企業が出展していること、そしてサークルやコスプレイヤーなど日本からも参加者が増えているので、筆者以外でも気になっている方は多いのではないでしょうか。

まずは日本でも名が知られるようになったbilibili動画のブースから紹介。bilibili動画といえば、『Fate/Grand Order』や『アズールレーン』『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』といった人気ゲームを中国国内で運営する会社として人気。『上海CP』内の企業ブースでも、最も大きい規模でブース展開していました。

bilibili動画のブースでは、中国では1周年を迎えた『アズールレーン』の公式コスプレイヤーが登場。クオリティの高い艤装とともに登場したグラーフ・ツェッペリンを撮影しようと、多くのカメラマンが集結しました。

スマホゲーム『被囚禁的掌心』より、捕えられたキャラクターをコスプレで再現する人も。

KADOKAWAのライトノベルキャラが総出演する『電撃文庫:零境交錯(日本では電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION)』のブースも。KADOKAWAの展開、熱いですね…!

ほかにも『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』や『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』などKLabGamesも出展しており、多くの人がブースを訪れていました。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
関連記事