8割が「歩きスマホ」の経験あり! リサーチで分かった、歩きスマホの危険な現状

人とぶつかったり、画面に夢中になって転倒したり、老若男女問わず社会問題になっている「歩きスマホ」。今回は、iPhone女子部の部員たちに実際の歩きスマホ事情についてリサーチしました。

歩きながらスマートフォンを操作することを「歩きスマホ」と言います。
人とぶつかったり、画面に夢中になって転倒したり、老若男女問わず社会問題になっています。

私も、「危ないよな~」と思いつつ、ついつい歩きながらスマホを使っちゃうんですよね。
しかし、街でもよく見かけるように、私のようについ無意識のうちに歩きスマホをしてしまう人も多いはず!

実際の歩きスマホ事情はどうなっているんだろう!?
というわけで、iPhone女子部部員さんにアンケートをとってみました。

 

無意識のうちに自分が歩きスマホをしていませんか?

ほぼ8割の方が「はい」と答えました! 普段の自分の行動をちょっと振り返ってみると、いかに自分が無意識にスマホを操作しているかがわかります。

 

あなたがついつい歩きスマホをやってしまう瞬間って?

歩いているときに突然メールが届くと思わず見てしまったり、バイブレーション通知に反応してしまう人も多いようですね。女子ならではの「夜道を歩くとき不安だから」という声も多くありました。

「1人のとき」という意見の方は、友達や同僚が一緒にいない時など、手持ち無沙汰でスマホをいじってしまうようです。

「地図アプリを見るとき」と答えたのは9人。たしかに、初めて行く土地では地図アプリに頼ってiPhone片手に歩き回ることは多いですもんね。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング