専業主婦の再就職「落ち着いてから」は遅い?! 時間を空けるほど難しくなる2つの理由

2014.8.18 15:00

子育てを機に一度仕事をやめ、専業主婦になっても「いつかは再就職」と思っている人が多いもの。しかし、再就職の時期は早めに検討しておくほうがいいのです。

子育てを機に一度仕事をやめ、専業主婦になっても「いつかは再就職」と思っている人が多いもの。しかし、再就職の時期は早めに検討しておくほうがいいのです。

専業主婦は子どもが何歳になったら再就職すればいい?

子育てを始めるとき、専業主婦になった人の多くは、「いつかは再就職」と漠然と考えていると思います。ずっと専業主婦として子育てをすることも考えられますが経済的なことを考えるとなかなか厳しいのが現実だからです。

しかし、「いつかは」が何年後のことを指すかは難しい問題です。子育ては未知の領域ですから、実際に子育てをしてみないと何ともいえないため、具体的な時期は保留してまずは子育てに専念します。

それでは、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーの目線ではどうでしょうか。実は思っている以上に早めに考えておいたほうがいいのです。

お金のことを考えれば高校入学ではもう遅い

ファイナンシャル・プランナーとして明らかに遅すぎるタイミングをあげるならば「高校入学」のタイミングです。

子育ての感覚からすると、中学を卒業するとほとんど手もかからなくなりますし、むしろ家にずっといるほうが子どもとぶつかるようになるので、再就職はよいタイミングのような気がします。

また、高校の学費負担や大学の学費負担が増えることを考えても、高校入学から再就職すればタイミングはぴったりではないか、と思うわけです。

しかし、「増えた学費負担」を「再就職による年収増」でバランスしようという発想は、学費には対応できても高校の入学金には対応できません。さらに3年後にかかる大学の入学金を準備する余裕もなかなか作れず3年たったりします。

また、うまく就職先がみつからず半年を浪費してしまうと、見込みは大きく狂ってしまいます。学費準備そのものもうまくいかないかもしれません。

中学の卒業式の後、受験も終わってからではもう遅いのです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント