宮澤佐江連載「ミラチャイ」

[83回]SNH48上海劇場デビューから1年を振り返る&宮澤佐江、"10月〜後半戦"への思い

2014.10.17 12:30

今回は、上海劇場デビューから1年間の出来事を振り返ります。1年の始まりは4月からという佐江ちゃんに、折り返し地点となる10月、後半戦への思いも聞きました!【毎週金曜更新】

ニイハオ! 宮澤佐江です。

ーーさあ、佐江ちゃん。10月も中旬で、ちょっぴり肌寒い季節になりました。今回もよろしくお願いします。

よろしくお願いしまーす♪♪♪

ーー前回(第82回)の最後でもお話が出ましたが、先日10月11日は佐江ちゃんにとっての記念日。初めて上海のSNH48劇場に立った日から1年でしたね。あの日からいろいろ出来事がありましたが、今回はこの1年をちょっと振り返ってみましょうか!

はい。初日が10月11日だったのは、スゴく覚えてます。その前にいろんなことがあったのも、超〜覚えてる。

だんだん記憶がよみがえってきた。ヤバい…、こういう話をすると、すっごくまりやんぬ(※SNH48留学生・鈴木まりや)に会いたくなってくるんです。ほんと、あの時は大変だったもんなあ。。。

まりやんぬ〜〜!! 

ーー今、佐江ちゃんとまりやちゃんが、中国語の歌詞と格闘していた様子が目に浮かんできました。。

そうですね。中国語の歌詞もあったな…。レコーディングも大変だったな…。

ーーあのときは、3日間の滞在で20曲レコーディングをして。いつもなら、まりやちゃんと2人おしゃべりなのに、レコーディングでは必死過ぎて会話もないほどだったと話してくれましたね(第33回)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング