『ごめんね青春!』低視聴率が気になる今こそ振り返る、“クドカン×ジャニーズ”名作ドラマ

2014.11.11 14:00

TBS系ドラマ『ごめんね青春!』の低視聴率が話題になっている。宮藤官九郎脚本、錦戸亮主演という話題作だが、クドカン×ジャニーズのドラマは過去にも視聴率が低い作品はあった。そして名作も多かった。今回はこれまでに宮藤官九郎が脚本を書き、ジャニーズが主演したドラマを一気に振り返ってみよう。

TBS「日曜劇場『ごめんね青春!』公式サイトより

TBS系日曜9時から放送されている『ごめんね青春!』の低視聴率が話題になっている。初回こそ2ケタの10.1%だったが、2話以降は1ケタに沈み、5話まで7.7%、6.7%、6.7%、7.4%と推移している(ビデオリサーチ社調べ・関東地区)。

NHKの朝ドラ『あまちゃん』で全国的にも知名度を上げた宮藤官九郎の脚本で、ジャニーズの錦戸亮の主演。だから余計に話題になるのだが、クドカン×ジャニーズのドラマは過去にも視聴率が低い作品はあった。そして何より、名作も多かった。

ということで、今回はこれまでに宮藤官九郎が脚本を書き、ジャニーズが主演したドラマを一気に振り返ってみよう。

 

『I.W.G.P』から始まったクドカン×ジャニーズ

宮藤官九郎を脚本家として本格的にテレビの世界に引き入れたのは、TBSの磯山晶という女性プロデューサーだ。1999年に放送された深夜ドラマ『コワイ童話』で磯山晶がプロデュースした『親ゆび姫』という作品があり、そこで宮藤官九郎が初めて単独で脚本を書いている。

磯山晶は、過去のインタビューで、イケメンがイケメンの役を演じてもあまり興味をそそられないと語っている。ジャニーズのようなイケメンがクドカンの破天荒な世界に入るからこそ、ジャニーズの新たな一面が見られると考えているようだ。

結果的に、クドカン×ジャニーズのドラマは、すべて磯山晶がプロデュースして、TBS系で放送されている。

最初にこのコンビ、というか、磯山晶を含めたトリオが揃ったのは、2000年4~6月期に放送された『池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P)』だった。主演はTOKIOの長瀬智也。まだNEWSが結成される前の山下智久も出ていた。

長瀬智也は『I.W.G.P』以前にも多くのドラマに出演していて、すでに月9でも主演を務めていた(中谷美紀や菅野美穂も出演していた『Days』)。なので、これが出世作というわけではないが、かなりインパクトのある役ではあった。

とにかくこの作品は衝撃的で、なにか新しいものが始まったという感覚があった。ただ、『I.W.G.P』は、チーフDを務めた堤幸彦の作品という印象が強いのも事実。堤幸彦はこの前年に同じTBS系で『ケイゾク』の第1シリーズを撮っていて、すでにドラマ界に新風を吹き込んでいた。

『ケイゾク』も小ネタやパロディは多かったし、この作品自体が原作モノということもあって、宮藤官九郎のアイディアがどこまでなのか、放送当時はよく分からなかった人も多かったと思う。それでも、ハードボイルドや笑いの奥から滲み出る宮藤官九郎のリアリティーのあるセリフは、当時から際立った印象だった。

『I.W.G.P』の平均視聴率は14.9%で、3年後にはスペシャルも放送された。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング