【Fly to the Sky】デビュー15周年! 5年ぶりにカムバックしたふたりに直撃

今年5月、5年間のソロ活動を経て、再び韓国歌謡界の最前線に戻ってきた男性デュオ、Fly to the Sky。約5年ぶりに来日した彼らに直撃インタビュー!

Fly to the Sky左からブライアン、ファニ 撮影:吉岡希鼓斗
拡大画像表示

1999年にデビューして以来、素晴らしいハーモニーと心に沁みる歌声で数々のヒット曲を飛ばしてきた男性デュオ、Fly to the Sky(フライトゥザスカイ/以下FTTS)。

近年はそれぞれソロを中心に活動してきたが、今年5月に活動を再開。約5年ぶりとなる新アルバム『CONTINUUM(コンティニュアム)』は各種音楽チャートで1位を獲得。韓国での全国ツアーも成功させ、再び波に乗っている。11月に日本で開催したファンミーティングには大勢のファンが詰めかけた。

――久しぶりの日本でのファンミーティングはいかがでしたか?

ブライアン「日本でファンミーティングを開くことが出来たこと自体が嬉しかったです。僕たちも楽しかったし、たくさんのファンが来てくれたので、本当に感動しました」

ファニ「僕たちを応援してくれるファンがまだいるのかな? と心配していたんですよ。でも、会場が明るくなったら、ぎっしりのお客さんで。僕たちも1曲、2曲と歌を進めるうちにリラックス出来て、心からイベントを楽しむことが出来ました」

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント