――讃岐で何か事件が起きるんですか?

高木: 今回はそんなに大きな事件は起きないですね。こんぴらさん(金刀比羅宮)の長い石段では、まる子たちの地元の偉人でもある清水の次郎長の子分、森の石松にまつわる逸話も踏襲しているんですが、基本的に食い倒れツアーみたいな内容になっています(笑)。

こんぴらさん(金刀比羅宮)の長い長い石段を上るまる子たちですが…。© さくらプロダクション / 日本アニメーション

――うどんを食べまくるんですね(笑)。

高木: ことあるごとにうどんを食べて、食べちゃ「美味い」、食べちゃ「美味い」と言っていて、「美味い」としか言ってない(笑)。完全に“うどん賛歌”になっています。

さぬきうどんを美味しそうに食べるまる子たち。© さくらプロダクション / 日本アニメーション
「劇中で4軒ぐらいハシゴしますよ」(高木監督) © さくらプロダクション / 日本アニメーション

――ひろしはうどんを食べるときもお酒を呑むんですか?

高木: うどんのときは呑まないですね。讃岐名物の鶏のもも肉を唐辛子のスパイスでじっくり焼き上げた “骨付鶏”や、大判焼きのような生地に蛸と玉子が入っている“たこ判焼き”も食べるんですが、そのときは昼間っから呑んで、やっぱり「美味い、美味い」って言ってます(笑)。
それで、お姉ちゃんが「そんなに食べて、旅館のご飯を食べられるの?」ってずっと心配していて……と言いながら、お姉ちゃんも結局は食べるんですけどね(笑)。

さぬきうどんと“骨付鶏”“たこ判焼き”をさんざん食べた後に旅館の夕食。みんな食べられるのか?© さくらプロダクション / 日本アニメーション

――本当に何も事件は起きないんですね。

高木: 清水に帰ってきてからが、事件と言えば事件かもしれないです(笑)。
 

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます