これからの時期、家族で旅行の計画をしている人も多いのでは?
ですが、子連れ旅行では、フライト中「子どもが騒いだりしないだろうか」「周りに迷惑をかけないように出来るかな」などと心配するママたちが多いですよね。

小さい子どもは、じっと座っていることにすぐ飽きてしまうので、グズったり、騒いだりすることがあります。

中には、子どもがうるさくしてもしらんぷり、なんて親もいるようですが、それはマナー違反! 子連れで飛行機を利用する時には、しっかりと対策をしておきましょう。

乗る前に準備をするべし

(1)新しいおもちゃ、本を持っていく

いつも遊んでいるおもちゃだと、少し使っただけで飽きてしまいます。そこで飛行機に乗るときは、新しいおもちゃや本を持って行きましょう。いつもより、長い時間遊んでくれるはず。周りの迷惑にならないように、なるべく音が出ないおもちゃを選びましょうね。

(2)飲み物や飴を用意

小さな子どもは、離着陸時に耳の痛みから泣いてしまうことがあります。そのため飲み物や飴を準備しておきましょう。飛行機に乗ったらバッグから出して、座席前のポケットに入れておくと、すぐに取り出せますよ。

(3)搭乗する前までいっぱい遊ばせる

フライト中、子どもが寝てくれたら楽ですよね。寝てくれれば、うるさくしてしまう心配もありません。

疲れると寝てくれる可能性が高いので、搭乗前にはギリギリまで遊ばせましょう。空港にはキッズコーナーがあったりするので、そこを利用すると良いでしょう。キッズコーナーが混んでいる場合などは、空港内を歩き回ったりして、子どもを疲れさせるようにしてみて。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます