首都圏から車で日帰りできる、おすすめの温泉選びは、これで決まり!

2019年版、リピートしたい温泉地ベスト5、満足した温泉地ベスト5、満足した温泉地・秘湯編ベスト5をお届けします。(株式会社リクルートライフスタイルが2018年12月12日に発表した、「じゃらん人気温泉地ランキング2019」投票結果を元に、東京から概ね270km以下の距離にある温泉地をピックアップ)

※東京の起点は、新宿駅バスターミナル「バスタ新宿」で計算。距離は、Googleマップのナビ機能の最速ルート実測値です。

リピートしたい温泉地ベスト5

訪れたことがあって「もう一度行ってみたい」と思う温泉地のランキングです。

5位 奥飛騨温泉郷(691票)

  • 所在地:岐阜県
  • 東京からの距離:約270km

全国ランキング15位、首都圏から近い温泉地としては5位の評価となったのが、奥飛騨温泉郷です。

平湯温泉、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉、新穂高温泉の5つの温泉地からなり、泉質も炭酸水素塩泉、単純温泉、塩化物泉、硫黄泉など様々です。

何と言っても、国内で最も山々が美しい北アルプスに抱かれ、乗鞍岳、焼岳、穂高連山が間近。ロケーションの良さでは、最高レベルの温泉地と言えます。

車でのアクセス

中央自動車道から長野自動車道へ入り、「松本」ICで降りて、国道158号線を1時間強ほど走ると、奥飛騨温泉郷の一つ、平湯温泉に到着します。

東京から約270kmと、今回紹介する中でも、最も遠い温泉地になります。渋滞無しでも3時間半ほどかかり、日帰りできるギリギリの距離と言っていいでしょう。

前夜に出発して、中間地点で一泊するくらいのスケジュールのほうが、ゆっくり楽しめるかもしれません。(過去記事「【ファミリードライブ】遠出に便利&リーズナブル!おすすめ「ロードサイドホテル」2選」)

なお、飛騨と言っても、飛騨高山とは別エリア。飛騨市、高山市へは、さらに1時間前後は車を走らせなければいけませんので、ご注意ください。

4位 鬼怒川温泉(734票)

  • 所在地:栃木県
  • 東京からの距離:約160km

全国ランキング14位、首都圏から近い温泉地としては4位の評価となったのが、鬼怒川温泉です。総源泉数32、毎分3573ℓの湯量を誇り、アルカリ性単純泉が中心。

無色透明、無味無臭のお湯なので、インパクトは薄いですが、温泉街の規模や、周辺観光地・観光施設の豊富さでは、頭一つ抜きんでています。

車でのアクセス

東北自動車道「宇都宮」ICから、日光宇都宮道路へ。「大沢」ICで降りて、県道279号線と国道121号線を経て30分ほどです。東京から約160kmと、渋滞が無ければ2時間少々で到着するアクセスの良さが魅力です。

鬼怒川周辺に観光施設が豊富なほか、西へ行けば日光、北東へ抜ければ那須と、著名観光地が多く、あわせて楽しむのがおすすめです。

3位 熱海温泉(918票)

  • 所在地:静岡県
  • 東京からの距離:約100km

全国ランキング9位、首都圏から近い温泉地としては3位の評価となったのが、熱海温泉です。

一時は大型ホテルが廃墟になりどうなるかと思われましたが、近年の再生は目覚ましく、東京からの最高レベルのアクセスの良さも手伝って、人気温泉地に返り咲いています。

泉質は、塩化物泉および硫酸塩泉が中心で、エリアによって様々です。

車でのアクセス

東名高速道路「厚木」ICから小田原厚木道路、真鶴道路、熱海海岸自動車道と経由して、東京からわずか100kmと、混雑していなければ1時間半程度の道のり。近さが光ります。

ただし、残念ながら渋滞しやすいため、注意が必要です。海沿いの国道135号線や、真鶴道路、熱海海岸自動車道が混雑している場合は、十国峠を経由して箱根に出て、アネスト岩田ターンパイク箱根で小田原まで降りるなど、迂回も要検討。

渋滞時に最速ルートを探すには、Googleマップのナビ機能が便利です。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます