連投、自撮り、即既読… 男が一瞬で冷める「ドン引きLINE」8パターン

「あの人と距離が縮まったらいいな」と思って送っているLINEが、相手に冷められていたらショックですよね。今回は異性が思わず冷めてしまう「ドン引きLINE」をご紹介します。あなたは大丈夫?

「あの人と距離が縮まったらいいな」と思って送っているLINEが、相手に「なんだこれ。冷めるな」と思われていたらショックですよね。よかれと思って送っていた、ただの送りグセ……いろいろ理由はあると思いますが、一度「私のLINE、変すぎ?」かどうかチェックしてみてください。

連続送信

画面を開いて「いっぱいフキダシがあると引く」という話を聞いたことがあります。筆者はたくさんメッセージがあると、読み応えがあってうれしいと思っていたのですが……。

「たくさんフキダシがあると慌てて何度も何度も送信したように見える」「なにごとかと思う」と非常事態が起こったのかと思ってしまうようです。やはり連続送信はしないで、相手が既読になってから送るほうが無難なのかもしれません。

長すぎる

もともと“長い文章用ではないもの・LINEは短いもの”とインプットされているので、見た目の文章量でびっくりしてしまうようです。そう考えるとLINEで相談ごとなどは無理ですね。

スルーなのにまた同じ内容

「あれ?さっきの質問の答えがない。答え忘れたのかな?」と思ってまた送るのでしょうが、スルーしてることを悟れない人のようです。ワザとではなく“無意識にスルーしている”場合もありますが、斜め読みしているから問いかけに気づかないのでしょうね。寂しいです(笑)。

「はい」、「うん」

「ひとことだけの返事ではこちらも戸惑う」、「迷惑かと思ってしまう」など、質問に「うん」だけでは、不機嫌になっているイメージです。ときどきはさむ「うん」や、相づちとしてならいいのですが「うん」が続くとかなり冷めてしまうようです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント