バレンタインが近づいてきたこの時期、友人の女の子に「どんなチョコレートがおすすめ?」と聞かれることが増えてきた隼人です。誰かにあげるためのチョコについて聞かれるのはうれしいやら悲しいやら。

でも、お料理やスイーツが好きな僕は、毎年、バレンタインチョコレートのチェックは怠りません!

今回は、2019年のバレンタインにおすすめのチョコレートをご紹介します。

「本場、新作、キレイ、ワクワク」がキーワード

チョコレートは贈る相手の趣味や嗜好などによっても変わってくるものですが、今回僕が選んだテーマは、「本場、新作、キレイ、ワクワク」。

特に見た目が美しくて、もらったら思わずワクワクしちゃうビジュアルのチョコレートを選んでみました。

国内外のショコラティエの本格的なチョコレートや今話題のルビーカカオなど、多彩なラインナップをお楽しみください。

国内外のショコラティエの“美麗チョコレート”

国内外のショコラティエがこだわった、見た目も美しく楽しいチョコレートの新作が今年も続々!

日本発ショコラ専門店「ベルアメール」

ベルアメール

「ベルアメール」は「日本に合うショコラ」を目指し、ショコラの命である香り、口溶け、コクを追求。厳密に湿度・温度を管理したショコラ専門のアトリエで、ひとつひとつ丁寧に手作りしている日本発ショコラ専門店です。

そんなベルアメールの新作ボヌールコレクションは、華やかでバレンタインにもピッタリ。「スプーンショコラ」は、ショコラとハチミツの相性を考え組み合わせたこだわりのショコラ。フランス産5種類のはちみつを使用したガナッシュと素材を合わせ、スプーン型に仕上げられており、とても可愛いです。

また、ベルアメールの人気板チョコレート「パレショコラ」は、この時期限定50種の個性的なチョコレートから好きなものを好きなだけ選ぶことができますよ。

フランス・パリのBean to barの名門ショコラティエ「シャポン」

シャポン「コフレアガーツ12」

元バッキンガム宮殿のお姫様専属アイスクリーム職人として活躍した後、ショコラティエとして独立し、ショコラの本場フランス・パリで愛され続けるビーン トゥ バーショコラティエ「CHAPON(シャポン)」からは、メノウをイメージした美しいデザインショコラ「コフレアガーツ」。

サクサクの自家製プラリネが入ったビターチョコレートベースに、ホワイトチョコをコーティング。シャポンが独自に開発した特殊製法でプリントされた鮮やかな模様が目を引きます。

この模様はホワイトチョコレートにそのまま転写しているので、包み紙などもなく、このまま食べることができます。パッケージも鮮やか!