撮影:稲澤 朝博

あなたは“うたの店長さん”を知っていますか? そっと寄り添うように、ゆるーく歌の良さを教えてくれる、そんな“うたの店長さん”ことタニケンさんの、新作アルバムがこの度リリース!

Eテレ『フックブックロー』で子どもたちに向かって歌う楽しさを知った

――タニケンさんには初めてハピママ*に登場していただきますので、まずは自己紹介からお願いします。

兵庫県出身の歌手、タニケンです! 2011年から始まったNHK-Eテレの番組『フックブックロー』で、けっさくくん役で出演していたんですが、それが世のみなさんに知っていただいたきっかけかなぁと思います。

――タニケンさん自身はミュージシャンとして活動されていますよね。

元々ずっと音楽をやってきて、26歳ぐらいの時はバーで働きながら歌ってたんです。でも、チャンスがないというか、結構大変な時期があって。

そのときにあるコントグループに誘っていただいて……それが社会風刺コント集団ザ・ニュースペーパーだったんですけど。

コントとコントの合間にみんなが着替えなきゃいけないので、その合間で替え歌を歌わせてもらうっていうのを、10年やってました。

――では、子ども向け番組の歌を歌うっていうのは『フックブックロー』で初めて経験したんですか?

それまではまったく子どもとも接点がなくて。

30代~70代がくるような大人のコンサートや公演が多かったので。

だから、『フックブックロー』をやってみて、初めてお母さんたちや子どもたちに向かって歌うことになりましたね。

『フックブックロー』では童謡の良さを知ったり、あとは子どもたちに向かってファミリーコンサートとかで歌う楽しさも知りました。

子育てで疲れてるお母さんたちがちょっとリラックスしたり、のんびり聴いてくれたらいいなって想いを持ちつつ、この番組を通して歌ってきたんですけれども……今作『うたの店長さん』という作品も、本当にそういう気持ちで作りました。

子どもたちも楽しんでほしいけど、お父さんお母さん、ぜひ大人の方にも癒しになる……聴いてもらえるアルバムになったらいいな。

子どもから大人まで楽しめるアルバム

うたの店長さん~タニケンのすてきな歌がそろっています

――子どもから大人まで楽しめるアルバムなんですね。

そうですね。オリジナル曲は『ステキソングショップ』という1曲目に入っている曲だけなんですけど、それ以外はみんな絶対聞いたことがあるような曲ばかりが収録されているんです。

日本に昔からある名曲もたくさん入ってるので、そういう意味では「僕が歌ったらどんな感じでみんなに届くのかな?」っていうのも楽しみですね。

――“みんな知っている曲”をポイントに選曲されたんでしょうか?

『おかあさんといっしょ』の番組から『ドラえもん』の曲まで、みんなが口ずさめるような歌を中心に選びました。

今作は『うたの店長さん』シリーズ第一弾で、イメージカラーが赤なんです。「さぁ次は何色になるのかな?」って感じで、楽しみにしていてほしいんですね。

――では、タニケンさん自身はどんな曲を聴いて育ってきたんでしょうか?

子どものころはチェッカーズとかが好きだったんだけど、中学生になって洋楽を聴くようになって。

そこからビートルズとか、古い音楽がどんどん好きになったんです。

さっきもちょっと話したバーで働いていたのは、ボブ・ディラン好きのマスターがいたバーだったから(笑)。

――髪型もなんとなく似てますよね(笑)。

そうなんです(笑)。ボブ・ディランみたいになりたいなって思って美容師さんにお願いしたら、全然違うことになったんですよね(笑)。写真を持っていったんですけど……。

もともとフォークとか60~70年代の音楽が好きだけど、歌うってなるとやっぱりポップス中心で歌ってる方が好きだったりします。みんなが楽しめる歌が好きなので。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます