「おにぎらず」を超える技はあるのか!? “握らないおにぎり”を色々な方法で作ってみた

握らないおにぎりとして、一躍脚光を浴びた「おにぎらず」。手が汚れず簡単にでき、「具はお好みで」という包容力を備え、さらに見栄えも素敵。そんな「おにぎらず」にヒントを得て、“握らず簡単におにぎりを作る方法”を考えてみました。

握らないおにぎりとして、一躍脚光を浴びた「おにぎらず」。

手が汚れず簡単にでき、「具はお好みで」という包容力を備え、さらに見栄えも素敵。
お弁当メニューに嬉しいポイントを、さりげなく満たしていますよね。

そんな「おにぎらず」にヒントを得て、“握らず簡単におにぎりを作る方法”を考えてみました。 

型を使う-その1

「握らずにおにぎりを作る」といえば、まず思い浮かぶのが、“ラップ”を使って握る方法ですよね。

ラップを使って具入りごはんを成型して、のりを巻き…

ですが、今回は別の方法でいきます。
まず、「型押し」的な方法で成型してみます。

ごはんを適当な「型」(写真は“お豆腐”の空き容器)に入れ、スプーンでぎゅっぎゅっと押します。

上から横から、何回か押し固めます。

完成です。

「握った方が早いのでは?」 

…いえいえ、手が汚れないのがポイントです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント