週に1回支出を振り返る

家計簿をつけ始めたら、毎週〇曜日などと決めて支出を振り返るようにします。

グラフで見られるので、今どれくらい使っているかが一目でわかります。

ありがちなのが、家計簿をつけていることだけで満足する人・・・。

家計簿をつけても、つけているだけでは全く意味がありません。

途中で振り返って、使いすぎている項目を知り、セーブするというのが家計管理の一番のポイントです。

項目ごとに決めた予算をオーバーしないようにすると毎日が楽しくなくなってくるので「1か月全体で予算に収まっていればいいや」という位のキモチの方が長続きします。

家計管理はダイエットと同じです。毎日が計画通りにいかなくても、1~3か月ぐらいの間で収支が収まっていればヨシという気持ちで、とにかく長く続けることが大事です。

節約は1日にしてならず!

家計管理が成功したら、もしかしたらダイエットも成功するかもしれませんね。

GWのレジャーはあまり節約を気にせず楽しくお金を使い、普段の生活は引き締めるなど、幸せなお金のつかい方をしてほしいなと思います。

岡本 舞

キッズ・マネー・ステーション認定講師
株式会社イー・カンパニー ファイナンシャル・プランナー

個人事業主の夫と娘の3人暮らし。家計管理を任されている妻として、そして育児に追われる母として、働きながら『できるだけ労力をかけない節約術』を日々展開。

 

「見えないお金」が増えている現代社会の子供たち。物やお金の大切さを知り「自立する力」を持つようにという想いで設立。全国に約160名在籍する認定講師が自治体や学校などを中心に、お金教育・キャリア教育の授業や講演を行う。2018年までに1000件以上の講座実績を持つ。http://www.1kinsenkyouiku.com/

「ハピママ*」更新情報が受け取れます