暖かくなったら行楽日和。外で沢山遊べる季節になることは、子連れにとっては絶好の機会。

せっかくなら、この季節を生かして、自然に親しむレジャーを楽しみたいところですよね。でもベビーや幼児を連れていると、なかなか設備も整っていなかったりすることで、自然を楽しむスポットは、子連れには難易度が高いもの。

特にキャンプは難易度最大レベル、かと思いきや、ベビー連れも大歓迎!子連れ親子がストレスなく、超ラク~に楽しめるキャンプがあるのです。

今回は、子連れ必見!都心から車で3時間以内で行ける、キャンプスポットをご紹介します。

子連れは『グランピング』に出掛けよう!

子連れがキャンプをするなら、絶対『グランピング』を選びましょう。

グランピングとは、グラマラス&キャンピングの略語のことで、高級ホテル仕様のサービスや設備が整った施設のことです。

今回ご紹介するのは、伊豆月ヶ瀬インターを降りてすぐ。2018年6月にオープンしたばかりの『ウフフ ビレッジ』。

すぐそばには川が流れていて、マイナスイオンがたっぷりと注がれた空間で、まだオープンして1年たたないことから、とってもフレッシュなグランピングスポットなんですよ。

5月には、現在も即満室になるほど大人気!ペット同伴サイトの増設オープンが予定されていて、益々目が離せない注目グランピング施設でもあるのです。

どちらも捨てがたい!トレーラーとテント

3月現在でテントは8棟、トレーラーは5棟。3歳未満の乳幼児がいる場合、トレーラーのみ宿泊ができます。

トレーラーの中には、テント棟にはないソファベッド電子レンジ、トイレやシャワーが完備されているから、おむつがえや離乳食づくりも楽々できて、とっても便利なんです!

3歳以上の幼児や小学生の子どもがいるなら、ぜひテントに泊まってみて。

寒さが残る時期まではこたつが完備されていて、トレーラーの中だけでなく、テント内だって冷暖房完備。空気清浄機や冷蔵冷凍庫、電気ケトルだってあり。

ふかふかで広々としたベッドで寝ることができて、ホテルと変わらず快適に過ごせます。

ちなみにベッドに川の字で寝て「狭い~」と思ったら、寝袋を無料で借りることも可能。寝袋の下にひくマットレスも無料で借りられて、ちょっぴりリッチな寝袋体験もできますよ。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます