恋に一途な女性。と言うと好印象を持ってもらえそうですが、恋愛至上主義が過ぎるのも困りモノ。

実際におつきあいしているうちに、彼氏から煙たがられる「重い女」になってしまう場合もあります。

そこで今回は、男性が距離を置きたくなってしまう、 “恋愛依存症の女”の特徴をピックアップ。

いつもこんな感じだと、彼が逃げ出しちゃうかも!?

関係を確かめたがる

「私たち、つきあっているんだよね?」と彼に2回以上確かめたことがあると、恋愛依存度だいぶ高め。それ以上聞くと怖がられてしまいます。

何度でも聞きたいし、何度答えてもらっても嬉しい……と思ってしまうのでしょうが、男性にとってはあまり嬉しくない質問です。聞かれるということは、疑われているような気がしてしまいますからね。

彼の気持ちを繰り返し確かめなければ気が済まないのなら、「交際しているという事実に執着している」状態とも言えます。

「つきあっているのか、いないのか」という“交際ステータス”にこだわりすぎていませんか。どういう理由であれ、彼のそばにいられる状況にあるなら幸せなはず。その嬉しさや楽しさを感じる方向に、意識を集中してみて。

LINEを待ち焦がれている

一日に何度もLINEを送る。そして彼からの返信を待って待って待ちわびて、「どうして返信してくれないの?」なんて詰め寄ってしまい、彼はうんざり……。

最近、恋愛依存とSNS中毒の合併症を引き起こしている女性を、よく見かけます。

「返事がないってことは、自分に興味がないのかな」という不安から、返信を激しく要求してしまうのでしょう。

でも、そこはご安心ください。愛情があるかどうかと、LINEの返信があるかどうかは、別問題です。「彼女のことは大事。だけど、大喜利が苦手なタイプでいいLINEネタが思い浮かばなくて、ごめん」という男性が大半です。

むしろ、返信がないことを前提にするといいかも。期待していないほうが、もらえた時の驚きや嬉しさが強いので、幸せ度が高まります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます