【ボジョレー解禁】ワインが“もっと美味しくなる”コツ&味を落とさない保存法

2015.11.18 17:40

待ちに待ったボジョレー・ヌーボーが今週19日に解禁となります。毎年、キレッキレのキャッチコピーと共に登場しており、今年はどのようになるか注目が集まります。今回は、そんなワインをホームパーティーで楽しむコツを伝授します。

1deac79f133766d98937435ddd25bf4d_s

皆さん、お待ちかねのボジョレー・ヌーボーが解禁されます。こちらは毎年第3木曜日に解禁されており、今年は今週の19日がそれに該当します。フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区でできた今年の新しい試飲用ワインである同ワイン。日本は世界一の消費量を誇っており、今年も解禁が注目されています。

また、別の意味でも注目を集めているのがこのボジョレー・ヌーボー。毎年、キレッキレのキャッチコピーと一緒に登場しており、むしろ、そっちの方が楽しみでならないマニアックなファンも。では、一体、どれだけキレッキレかというと……。

この15年をふり返るとこのような感じ。

「ここ10年で最高」
「過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え」
「ここ数年で最高」
「50年に一度の出来栄え」
「1950年以降最高の出来と言われた2009年と同等の出来」
「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」

……。以上のようにやたら盛ってくるのがこのボジョレー・ヌーボー。時折、「史上最悪の不作だが品質は良く健全。糖度と酸度のバランスが良く軽やか」と、不作を認めることもありますが、基本路線はベタ褒め。というか、想像のななめ上で褒めることも。

気になる今年度のキャッチコピーは、関係者が「今世紀でもっとも良い出来になる」という評判をしているという報道もあり、残り85年もある今世紀ではありますが、「今世紀で最高の出来」といったぶっ込みがあるかもしれません。

さて、キャッチコピーも気になるところですが、やはりワインは飲んでいても楽しいものですよね。筆者も仲間とこの時期に集まって、ボジョレーを楽しむ会といったものを開催しています。

今回はホームパーティーの時に知っておくと、さらにワイン会が楽しくなるコツをご紹介します。参考にしているのは、葉山孝太郎さんの著書『30分で一生使えるワイン術』です。

せっかく持ち込んだ今世紀最高(?)のボジョレー・ヌーボーですが、グラスがしっかり揃っていないと、せっかくの今世紀最高(?)も少々残念なことになります。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング