夫を愛せない……それでも「離婚」しない理由【4人の事例から見る】

2015.12.9 17:40

「もう夫を愛する気持ちはない」と感じていても、離婚に踏み切れない女性は少なくありません。それにはどういう事情があるのか。将来的に離婚するつもりはあるのか――。離婚を考えたことのある女性たちに話を聞きました。

幸せそうに“見える”夫婦や家族――。
Facebookのタイムラインに流れる笑顔あふれる写真を見て「ラブラブな二人だな」「仲良しファミリーだな」と羨ましく感じる人もいるかもしれません。

でも、それは人様に見せる仮の姿で、真実とは異なることも。

「愛はないけれど、家族であり続ける」といった選択を取る人もいるのです。

0

第一生命保険が行った「結婚生活に関するアンケート調査」(対象:30〜60代既婚男女800名、2006年)によると、「離婚したいと思ったことはあるか?」との質問に対し、「よくある」(4%)と「時々はある」(26%)をあわせると、全体で3割が離婚を意識した経験があると明らかになりました。

女性(36%)のほうが男性(26%)よりも多く、女性の年代別では30 代(40%)がトップ。

そこで今回、「離婚したい」といった思いを抱える30代既婚女性に、それでもなぜ離婚しないのか、夫婦関係が破綻した理由、今後の予定など、詳しく話を聞きました。

1、家をペアローンで買ったから

「3年前、都内のマンションを夫とペアローンで購入しました。お互い仕事が多忙で、新婚時から平日は顔を合わせる機会が少なく、加えて部屋を別々にしたため、完全にすれ違いの日々を送っています。当然寝室も別で、セックスは3年以上ありません。もともとセックスは、ヘビースモーカーの夫が臭くて、あまりしたくなかったというのが本音ですが……。正直、別居を経ての離婚が望ましいです。でも、ペアローンを組んでいるので、ローン返済に別居費用がかかるのは、現実的ではありません。だから、仕方なく今の状態を保っているといったところでしょうか」(34歳/音楽関連)

1

どちらか一人が資金を出して不動産を購入していたら、もっと簡単に別れられそうですが、この事例ではそうもいかないのが実情。もし離婚するにしても、じっくり話し合いを重ねる時間が必要になりそうです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント