日本とは思えない広大な土地・北海道。夏の時期になると、その日本とは思えない世界を堪能すべく、多くの方が北海道を目指して車やバイクで上陸します。

筆者もまた、夏の北海道に魅了されたひとり。学生時代にバイクで訪れて以降、毎年のように北海道を堪能しています。あまりにも好きすぎて、一時期北海道で生活したことも…。

ここ数年は1~2週間かけて車でポイントを絞って北海道を巡っています。

そんな北海道大好きな筆者が、北海道ならではの絶景スポットを5つご紹介します。

日本最大の湿原「釧路湿原」

まずオススメしたいのが、釧路湿原です。日本最大の湿原と言われていて、その広さは面積1万8290ha、1周100km以上あります。

釧路湿原には、タンチョウといった野鳥や、エゾカンゾウといった野草が多く生息していて、ウォッチングスポットとしても人気。またカヌーで広大な釧路湿原を体験するなどのアクティビティも人気です。

展望台や遊歩道が多々あり、すべてを網羅するにはかなりの時間が必要。そんな方は、釧路湿原を一望できる細岡展望台だけでも行ってほしいです。

広大な湿原地帯を一望でき、時間によって景色が大きく変化するので、何度訪れても飽きることはありません。

釧路湿原 細岡展望台

JR釧路駅より車で約40分、釧路空港より車で約45分
北海道釧路郡釧路町字達古武22-9
4月~5月 9:00~17:00/6月~9月 9:00~18:00/10月~11月 9:00~16:00/12月~3月 10:00~16:00
年末年始定休日
駐車場あり(無料)

“この世の最後”を感じられる「野付半島」

野付半島は、全長26kmもある日本最大の砂嘴地帯です。

国後島からわずか16kmほどしか離れておらず、北海道からちょっと飛び出した場所にあるので、車で野付半島ネイチャーセンターへ行くのがベスト。野付半島ネイチャーセンターから遊歩道へ入ります。

原生花園が見れるスポットとして知られますが、一方で「この世の終わり」とも称される、トドワラやナラワラなどの木々の腐朽が進むスポットとして有名です。

白く朽ち果てたまま残るトドワラやナラワラは、日本どころかこの世界にあるとは思えない光景。年々腐朽が進んでおり、今後この光景が見れなくなる可能性があるので、今こそ見に行くべきスポットだと思います。

野付半島ネイチャーセンター

中標津空港から車で約45分
北海道野付郡別海町野付 63番地
4月~10月 9:00~17:00/11月~3月 9:00~16:00
年末年始定休日
駐車場はバス10台、乗用車50台(無料)

「ハピママ*」更新情報が受け取れます