【映画『MARS』】狂気的な役にハマる窪田正孝「思わず涙ぐんでしまったこと」とは?

2016.6.18 18:45

『MARS(マース)~ただ君を愛してる~』がTVドラマに引き続き映画化。映画では狂気や感情をむき出しにした牧生を窪田正孝はどう演じたのか、藤ヶ谷さん、キラ役の飯豊まりえさんといったキャストとのお話も聞いてきました!

撮影:熊谷仁男撮影:熊谷仁男

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)と窪田正孝さんのW主演で話題の『MARS(マース)~ただ君を愛してる~』がTVドラマに引き続き映画化。6月18日より公開となりました。

今回はドラマから藤ヶ谷さんとW主演を務めた桐島牧生役・窪田正孝さんにインタビュー。

映画では牧生の本当の目的、激しい素顔が描かれます。狂気や感情をむき出しにした牧生をどう演じたのか、藤ヶ谷さん、キラ役の飯豊まりえさんといったキャストとのお話も聞いてきました!

狂気的な牧生も演じていて楽しかった

――映画で明らかになった牧生の言動は、一般的にはなかなか理解されない人間性だと思うのですが、それをどうやって受け止めて演じられたのでしょうか?

窪田:難しく考えるというよりは振り切って演じさせていただきました。

ドラマのストーリーから続き、映像のトリックがあって三角関係のように見せておいて、映画では牧生目線のナレーションが入り、牧生の日記の中の物語の延長線上になっていく。

垣間見えていた点と点が1本の線に繋がっていきます。彼は色で言えば黒一色な部分があったので、逆に振りきれて楽しかったです。

――では、けっこう楽しんで演じられていたんですか?
 

_DSC5738

窪田:そうですね、「もうみんないなくなればいい」というような感覚でやっていました(笑)。

フィクションという意味で芝居は嘘を演じるものです。でも、その“嘘の先にある本当”を求めていたい。演じていく上で、それも牧生に求めていた部分でもありました。

――牧生は狂気を秘めた人物ですが、演じられて理解できる部分はありますか?

窪田:(牧生が嫌う)弱いくせに強がってる人って、許せなくはないんですけど、あまりわからないかもしれないですね。

そこは共感できるかもしれない。

弱いんだったらその弱い部分を認めてもらって生きていけばいいんじゃないかなって思います。牧生はまだ未成年で気持ちが一途だし、その一途が逆に残酷になってしまう部分はありますけど、特殊ではなくてもっと普通に捉えていいんじゃないかなって思ったりしました。

――残酷なラブストーリーで重いシーンも多いですが、気持ちがそこに引っ張られたりはしなかったですか?
 

©劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会©劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会

窪田:引っ張られることはなかったですね。恋愛という部分は自分の役割ではなかったので。

牧生の感情も1つの愛情という形でもあるし、それが屈折してるっていうのが他人から見ると狂気やサイコパスに見えたりするんですけど、本人自身はただ零の狂気に触れていたいというだけだったので。

役割を通して言えば恋愛の部分よりも、狂気というところですね。牧生は人間の裏の顔も全部表に出ているので、時折、表と裏がわからなくなったりする時はありました。

人気記事ランキング

公開情報

映画『MARS~ただ、君を愛してる~』
6.18 全国公開
公式サイトへ