藤ヶ谷太輔の“運命の出会い”とは? 演技から憧れの人まで、映画『MARS』公開記念ロングインタビュー

2016.6.17 20:10

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)と窪田正孝さんのW主演で話題の『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』が6月18日(土)に公開。TVドラマに引き続き樫野零役で主演を務めた藤ヶ谷さんにロングインタビューを行いました!

【特集】藤ヶ谷太輔&窪田正孝『MARS』の裏側、追っかけマ~ス!特集ページ

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)と窪田正孝さんのW主演で話題の『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』がTVドラマを経て映画化。6月18日(土)より公開されます。

今回はドラマ、映画と樫野零役で主演を務めた藤ヶ谷さんにインタビュー。怒りに火がつくと暴力的な一面を抑えられなくなる、という難しい役どころを演じた藤ヶ谷さん。演じる上で心がけたことや、藤ヶ谷さんにとっての運命の出会い、プライベートなことまで、たっぷりと話を伺ってきました!

零の純粋さ、自然さを大事に演じた

――零を演じる上で大事にしたことは何ですか?

藤ヶ谷:
樫野零のストレートで、すごく純粋なところです。だからこそ思ったことをすぐ言うし、自然に行動にも移す。そこはドラマから映画までとても意識しました。

自然と演じることによって残酷な怖さや凶暴性含め、胸キュンと言われるようなところも、より伝わるかなと。最初はそれがちょっと難しくて。ふと喋っている言葉に残酷な言葉をのせて練習したりもしました。

初めは高校生の恋愛モノって聞いてたんで、もうちょいポップな感じかな、と思ったら違いましたね(笑)。けっこう悩んだり、シーンによっては気持ち的に落ちたりもしました。しんどかったです(笑)。

――原作を読んだ時、衝撃を受けたんじゃないですか?

藤ヶ谷:
そうですね。少女漫画を読むこともそんなにないので、最初は恥ずかしくて。でも読んだら惹き込まれていました。

夢のような少女漫画の世界だけじゃなくて人間の真理的なディープなところも描いていて、「こわっ」って思う部分もあったし、「いいなこういうの、ドキッとするな」と思う部分もあったり。ほんと完成されてますよね。カット割りも含めセリフやキャラクターなど全部が出来上がっていたので、すごく面白かったです。

――零は怒りによって凶暴性を抑えられなくなってしまう一面がありますが、演じていて難しかったところはありますか?

藤ヶ谷:
そこはすごく難しくて、抑えていたものが爆発するのを気持ちの面だけで演じても、伝わらないと意味がないし、伝わりすぎても一般的なものと同じになってしまいそうで。監督にずっと「違う!」と言われて、でも自分が思っていたのはこれなんだけどな、とか。それで違うパターンをやってみると「それだとちょっと出過ぎてる」って言われたり。

表に見え過ぎない、狭間の怖さってあるじゃないですか。そこの調節は監督と何回も話しましたね。難しかったですけど、気持ちのままにやろうってことになりました。

人気記事ランキング

公開情報

映画『MARS~ただ、君を愛してる~』
6.18 全国公開
公式サイトへ