窪田正孝の豹変ぶりが凄まじい!映画『MARS』山崎紘菜インタビュー

2016.7.2 10:30

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)と窪田正孝さんのW主演で話題の『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』がTVドラマに引き続き映画化され、公開中。ヒロイン・キラの親友、晴美を演じた山崎紘菜さんにインタビューしました。

撮影:熊谷仁男撮影:小林 裕和

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)と窪田正孝さんのW主演で話題の『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』がTVドラマに引き続き映画化。6月18日より公開されます。

今回はヒロイン・キラの親友、晴美を演じた山崎紘菜さんにインタビュー。ドラマの序盤は、嫉妬からキラをいじめてしまっていた晴美ですが、映画ではキラを支える親友に。映画の見所やキャストの素顔など聞いてきました!

映画は女の友情にも注目!

©劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会  ©惣領冬実/講談社 ©劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会 ©惣領冬実/講談社

――ドラマからはまた関係性がさらに発展して、晴美はキラの大親友になっていましたね。

山崎:
そうですね。ドラマの時よりもキラとの距離感がぎゅっと縮まっています。キラが晴美を頼ってくれるシーンもありますし、そういった女の友情というのも注目して欲しいポイントです。

――山崎さん自身は、最初ケンカをしてしまったり、意識しすぎてギクシャクしてしまった人と仲良くなった経験はありますか?

山崎:
最初に「この子とはあまり仲良くならなそうだな~」って思ってしまっていても、話してみたら気が合ったとか、すごく仲良くなれたという子はいっぱいいますね。

――晴美がキラと仲良くなるというのも、わかる部分はありますか?

山崎:
いや、私は晴美みたいに最初に過激なイジメをしていたら、ちょっと申し訳なくて、自分からは近づけないと思います(笑)。

零と達也、好きなタイプはどっち?

0O5A0392

――零やキラのように、トラウマや人に言い辛い過去を抱えていたら、自分は好きな人に言うと思いますか?

山崎:
私はけっこう言えないタイプかもしれないですね。仲が深まって、「この人なら全部背負ってくれる」って思うくらいの距離感になるまでは、なかなか言えないかなと思います。

――逆に自分の好きな人の過去や抱えているものを知りたいとは思いますか?

山崎:
何か困っていたりとか悩んでいたりするなら、そういう時には頼ってほしいな、とは思います。でも無理に聞き出そうとはしないかもしれないですね。やっぱり徐々に距離を近づけていける関係が理想かな、と思うので、無理に距離を詰めようとは思わないです。相手が話してくれるまで待ちます。

――山崎さんは、零と達也だったらどちらの男性がタイプですか?

山崎:
私は零みたいにカッコよくて人気者ってタイプに惹かれるのかもしれないですけど、意外とお付き合いするなら達也の方が楽しいのかな、とは思ったりします(笑)。一緒にいるのが楽な、友だちの延長線上な関係もすごく魅力的だと思うので。

――BBQをやる場面がありますが、撮影の時期はいつですか?とても楽しそうでしたね。

山崎:
冬で寒い時期でした(笑)。でもすごく楽しかったです。映画は重たいシーンとか過激なシーンもたくさんあるので、BBQのところは息抜きになって私のお気に入りのシーンです。

――BBQデートも楽しそうでしたが、山崎さんの理想のデートは何ですか?

山崎:
私はけっこう一緒にいることができればなんでもいいな、というタイプなので(笑)、何をしても楽しいと思います。

人気記事ランキング

公開情報

映画『MARS~ただ、君を愛してる~』
6.18 全国公開
公式サイトへ