雑誌『韓流ぴあ 7月号』ではユナクさんのサイン入りミニ・インスタント写真プレゼント

韓国出身の男性6人組ダンスボーカルグループ、超新星のリーダー・ユナクが6月29日に、約2年半ぶりにソロ・アルバム第2弾『REAL』をリリース。今、そして未来への想いが詰まった全10曲の収録曲のうち、6曲の作詞、4曲の作曲に参加し、随所までユナクのこだわりが光る作品に仕上がっています。

WEB「韓流ぴあ」では、本誌『韓流ぴあ 7月号』(6月22日発売)掲載のインタビューのこぼれ話を、取材レポとともにお届けします!

この日は都内某所で終日取材だったユナクさん。韓流ぴあの取材はいちばん最後でした。インタビューから取材開始。少々、お疲れのご様子でしたが、すべての質問に真摯に答えてくれました。

みなさんご存じかとは思いますが、とにかく日本語がお上手。「日本で曲を出すときは、すべて日本語でやりたいんです」とユナクさん。さすがです!

実は、今回の『REAL』には1曲だけ、韓国語読みのままの曲があるんです。それは4曲目に収録されている『Todak Todak』。なぜなのでしょうか?

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます