徹底したオーガニック志向は危険!? 子どもの人格にも影響する「オルトレキシア」のリスク&自己診断法

有機野菜、無添加、オーガニック食が、かえって健康被害をもたらしている!? 頑張り屋さんのママほど気をつけたい、危険な病気の症状とは。

0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac_s

家族の健康を支える食事。できるだけ良いものを用意したいと思うのは皆共通なこと。ただ、無添加やオーガニックにこだわり、それ以外は体によくないと極端になってしまうこともあります。

特に、愛しい我が子の事を思い、妊娠中から栄養バランスはもちろん、食品の“質”も気になり始め、また離乳食を始めるとより一層、口にするものは無添加、天然などの質が気になりますよね。

さらに、アレルギーを気にする真面目なママほど細やかに配慮して、加工品は避け、頑張って手作りしている人も多いと思います。

しかし、有機野菜、無添加、オーガニック好きほど体調不良の危険になることもあるのです。それなのに、健康的な食事をお子さんにも刷り込んでいませんか?

いいものも食べ方次第で体を壊し、結果お子さんが“オルトレキシア”という新型の病気になってしまうことも。今回は健康志向が及ぼす体の被害についてご紹介いたします。

オルトレキシアって一体なに?

c5394bbfa1546e49f2b6af289046d588_s

“オルトレキシア”という言葉を聞いたことはありますか?日本ではあまり聞き慣れない言葉ですが、オルトレキシアは、1997年にアメリカの医師、スティーブン・ブラットマンが提唱したもので「正しい食事に対する強迫観念」のこと。

自分が不健康だと思う添加物や加工品、動物性の食品、乳製品、砂糖、トランス脂肪酸、農薬使用の農作物、遺伝子組み換え食品等の食品を極端に避け、自分が身体に良いと思ったオーガニック食品、無添加食品、自然栽培の農作物等、だけを食べる、質にこだわりすぎた新型の摂食障害のことなのです。

日本でも健康志向が高い方が多く、国産、有機野菜、無添加、オーガニックなどは積極的に摂り、遺伝子組み換えや加工品など不健康と思うものは一切摂らない食生活をしている人もいます。

そのような食事をしていれば、摂ることの罪悪感や恐怖心が生まれてしまい、食事バランスが崩れ健康被害が起こってしまいます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント