時には胸キュンも! おバカな男子育児の楽しみ方を「トリセツ」シリーズまきさんに聞いた

「小学生男子(ダンスィ)のトリセツ」をはじめとし、男子育児に手を焼くママたちのバイブル的存在となった「トリセツ」シリーズ。 著者のまきさんに、ポジティブな男子育児の源について伺いました。

%e3%80%90%e7%94%bb%e5%83%8f02%e3%80%91p65%e5%8f%97%e7%b2%89

まきさんの大人気ブログ「ちくわの穴から星☆を見た NEW」の前身、「ちくわの穴から星☆を見た」が始まったのは2006年。

少年らしいいたずらや冒険、自然を愛する小学生男子=ダンスィな息子さんとの楽しくも苦労が絶えない毎日をポジティブに描いたブログは、現在までに4,500万超ヒットを記録しています。

「小学生男子(ダンスィ)のトリセツ」をはじめ3冊の書籍化も経て、まきさんの作品は男子育児に手を焼くママたちのバイブル的存在になっています。著者のまきさんに、ポジティブな男子育児の源について伺いました。

著者のまきさん著者のまきさん

裸族も下ネタも虫ネタも“男子あるある”のうち!

――「小学生男子のトリセツ」などの「トリセツ」シリーズは、男子育児に四苦八苦するママたちの共感を集めていますね。

まきさん(以下 まき):本当はもっと品のいい話になるはずだったんですよ。おバカなエピソードは載せず、ママたちに読んでもらえる小学生の子育てバイブル的なものにしましょうと。それなのに、うっかり入れちゃった裸族ネタがすごくウケたんです。

男子って、下ネタも最初は訳がわからないまま言ってるんだけど、だんだん「これ、ウケた!」と反応を楽しむようになりますね。調子に乗らないように、わが家では幼児のときから一貫して「お母さんそんなこと知ってるよ」って流していましたが。

――虫ネタも男子あるあるですよね。

まき:お友達のエピソードで、アリを食べちゃったっていうのがあって。普通は「怖い」って思うはずなのに、お友達と一緒になってエスカレートすると何をするかわからない。

男子って、自力で世界に立ち向かっていくんですね。親や先生に「これはどうなの?」って聞ければいいんですけど、「たぶんOKだろう」って独断で突き進んじゃう。水たまりにもジャブジャブ入っていく……。結果どんなことになっても、体験しないと気が済まないんです、彼らは。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント